持ち運びやすいバックとは?

持ち運び易いバックはフィット感がポイント

私がバックを選ぶ際に重要視しているポイントは、いかにそのバックが持ち運びやすいバックかということです。
他にも見た目やポケットの数、内ポケットにファスナーがついているかなど、実際に選ぶ際にはチェックしておきたい項目は多々あります。

しかし、非常にオシャレで機能的で使いやすそうと思っても持ち運びにくければ使えません。

持ち運びやすいバックと言うとバック自体の大きさなのか、肩からかけれるものなのか、手持ちのところが手にフィットするかなど一言では理解していただけないかもしれません。

逆に持ちやすくて大きさもちょうど良いが、ポケットの数が少なかったり、ポケットが小さかったり、色や柄が気に食わなかったりすると、そのバックは外に持って出かけたくないバックとなり、持ち運びやすいバックとは言えなくなってしまうかもしれません。

なので私はバックを選ぶ際には先ほど紹介させて頂いた全てのポイント、バック自体の大きさ、背負いやすさ、持ちやすさ、ポケットの数と大きさ、ファスナーの具合、柄や色など本当に気になるところは全てチェックして自分に一番合うものを選ぶようにしています。

柄や色というポイントは個人の趣向があるので難しいですが、カバンの大きさや機能的な部分はいかがでしょうか。
年代によって求められるものが変わってくるかもしれません。

学生であればA4のノートやテキストが入る大きさのバックがよく使われているような気がします。
最近は大きなトートバッグに全ての荷物を入れている方もよく見かけますね。

社会人向けのビジネスバックは?

社会人になるとどうでしょうか。
男性だと普段一番多く持ち運ぶのはビジネスバックかと思います。

A4の資料が入るくらいの大きさは学生と同じかもしれませんが、そこに大量の資料やパソコンを入れる容量が必要となってきますし、出張の多い方だと着替えなどが入るスペースも必要となってきます。

また、仕事とプライベートではバックも大きく変わってくるでしょう。
学生の頃は持っていなかった車の鍵や仕事の手帳、会社の携帯電話など持ち運びぶアイテムが増えているので、どうしても学生の頃よりは物がよく入るバックになりがちかもしれません。

社会人といっても40代や50代になってくるとオシャレかどうかもありますが、何より使いやすくという方も増えてきます。

どこに何が入っているのかがすぐ分かるように、ポケットは大きく、数も多いものが人気のようです。
バックの中で物が行方不明という状況が嫌なようですね。

本日は色々と紹介させていただきましたが、結局は自分の持ちたいと思った気に入ったバックがどこにでも持ち運びやすいバックなのではないかと思います。