日本で販売されているバックは海外で生産されている。

みなさんはご存知でしたでしょうか?

日本で販売がされているバックのほとんどは海外の工場で作られて、日本へ輸出をし販売がされているのです。

バックが作られている国は主にアジアの国で作られております。

日系企業が工場を作り、その工場に現地人が働いておりそこでバックが作られております。

 

日系企業がバック販売の為に工場を置く国のひとつとしてタイのバンコクがあります。

タイに工場を作り、タイ人の雇用を作りタイ人にバックを作ってもらっているのです。

多くの日系企業がバンコクへ進出をしております。

 

バンコクは人件費が安いので日本で工場へ設備投資をし、日本人にバックを作ってもらうよりも、タイのバンコクに工場を作る為に設備投資をしタイ人にバックを作ってもらった方がコスト的にとても安くなるのです。

 

もちろんバンコク国内にも立地によりコストが高くなったり、立地によってはバック輸出の為に不利になる場所、有利になる場所などが分かれております。

 

これらの事情もあるため、タイ国内で工場を作る際にはバンコクの不動産会社に相談するのが良いでしょう。

タイ/バンコク不動産 賃貸アパートマンション スックリビング

 

製造業向けに向いている工場の仲介から工場の賃貸や工場を土地付きで販売、もちろん日本人駐在員が現地で部屋探しをする際にも相談に乗ってくれるため便利です。

また、バンコクの不動産会社は仲介手数料が無料なので日本の不動産会社よりも気軽に利用する事が出来ます。

 

そんな現在のバック販売事情は海外でバックの生産がされて日本国内で日本人向けに販売がされているというサイクルになっているのです。

 

タイ国内で生産されたバックの良いところ

なによりも人件費が安いので、コストを下げて、材料費にお金を掛ける事が出来ます。

材料費にコストを掛ける事が出来るとバックの質も上がり消費者にも喜んでもらえます。

また、良い材質を使って作られたバックは消費者に長期的に使ってもらう事が出来、消費者にも喜んでもらえるのです。

 

タイ国内で生産されたバックの悪いところ

やはり海外で生産をされる為、日本のように完璧な質を求める事は難しいといえます。

刺繍なども多少ほつれがあったりと、メイドインジャパンの質と比較をしてしまうとやはり衰える一面があるのは事実です。この点は多少妥協しなくてはいけないでしょう。

 

 

タイ国内の日系バック生産工場について

 

タイのバンコクのチョンブリー県に多くの日系工業団地があります。

工業団地には多くの日系の工場が入っており、製造業や繊維業など多くの機械が稼働をしているのです。

タイの場合は主に製造業、車関係の部品関連の工場が多いのですが、繊維業などの工場も少数ですがあります。

例えば東レタイランドなどは綿およびポリエステルなどをタイで生産しており、日本へ輸出をしているのです。

その他にもコーセンタイランドなども繊維資材関連の販売・輸出入を行なっております。

多くの日系企業がタイに設備投資をして、コスト削減に励んでいるのです。

 

 

タイ国内にはどれほどの数の日系バック生産工場が存在しているのでしょうか?

 

バック関連の生産工場はやはり中国が一番多く工場を持っております。

日系企業も多くが中国にバック生産関連の工場を持っており、コスト削減を行なっております。また、中国は日本から近い国ですので、輸出入をするのも比較的楽な点もメリットに挙げられます。

 

タイ国内にはバック生産工場は比較的少ない傾向にあるかもしれません。

 

バンコクへ進出を考えている企業は事前にしっかりとした計画が必要となります。

 

近年はバンコク全体の賃金上昇や物価上昇もありますので、その点も考慮に挙げて日本で生産を行なった方がコスト的に安くなるのか、それともタイ国内に設備投資をしてタイ人を雇った方がコスト的に安くなるのか、長期的な目で見て計画を行なっていきましょう。

 

また、バンコク全体の地価価格上昇により工場の賃料も上がっております。

数年前と比較をしても工場の賃貸価格も上がっているので、こちらも不動産会社に内見を頼んだときに情報を共有してもらうと良いと思います。

不動産会社は多くの日系企業へ工場の仲介を行なっておりますので、地価価格の上昇や生産業のビジネス動向などもしっかり教えてもらう事ができます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このよう近年では日本でバックの生産は行われておらず、中国やタイなどに工場の設備投資を行い海外生産をし日本へ輸出をしているのです。

バック生産関連で海外進出を考えてる企業さんは最終的にはコンサルタント会社へ依頼を行い、現地の不動産会社で工場の案内をしてもらうという流れになるでしょう。

 

海外で生産を行う事は人件費コストをかなり削減する事が出来ます。

うまく海外で工場を設置し企業を価値を高める事がビジネス成功の鍵となります。

 

この記事を見ている方に少しでも海外進出の手助けとなりましたら幸いです。