【初心者必見】海外旅行用スーツケースの選び方

【初心者必見】海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行くときに欠かせない「スーツケース」。様々な種類があるため、海外旅行初心者はどれを選んでいいのか悩むことも多いです。

そんな時は、以下のポイントを意識してみてください。

●容量で選ぶ

国内旅行ならともかく、海外旅行は荷物が増えがちなので、容量が重要です。

持っていく荷物の種類にもよりますが、1日分の荷物で10Lが目安とされています。

おみやげを持ち帰ることも考えると、60L前後がオススメです。だだし、女性にはちょっと大きいのが難点。

その際は、「車輪」を意識すると良いでしょう(後述します)。

・機内に持ち込めるサイズも意識

【初心者必見】海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行でよくあるのが「荷物が出てこない」という航空トラブルです。これを避けるためには機内に荷物を持ち込むのが一番。

機内に持ち込めるのは、30Lです。少し小容量かもしれませんが、スーツケースを自分で管理したいなら意識したいポイントとなっています。

●ハードorソフト

スーツケースの素材は、ハードかソフトに分かれます。それぞれにメリットがあるので、見合った方を選んでください。

・ハードケース

固いスーツケースです。雨や衝撃を受けても中身の荷物に影響を与えません。海外の空港は荷物の扱いが雑なので◎。

その一方、素材が硬いぶん、ぶつけると傷がつきやすいのが難点です。破れる恐れもあります。

鍵が付いているタイプが多いためセキュリティも◎。その一方で、一度閉めると荷物の出し入れが面倒です。

・ソフトケース
布地で出来たスーツケースです。ハードケースに比べると耐久性は劣りますが、決して弱いわけではありません。

クッション性が衝撃を吸収しするため破損する恐れがなく、傷が目立ちにくいのも◎。

一方で、クッション性に優れているものの、ハードケースほど中の荷物を守りやすいわけではありません。雨も少し心配。

ファスナータイプが多く、鍵はついていません。セキュリティは少し心配。

外収納が多いのは、ハードケースにはないメリットです。わざわざ、大口を開け閉めしなくても細々した荷物を取り出しできます。

●エキスパンダブルの有無

エキスパンダブルとは、容量を変化させる機能のことです。

ファスナーによる調整でスーツケースを伸縮させて、容量を変化させることができます。

旅先で荷物が増えることが分かっている場合に◎。1台所有しておいて損のないスーツケースです。

●車輪の数

観光地巡りで長時間歩いていると、スーツケースを持ち運ぶのが辛くなります。そんな時に意識したいのが車輪の数。

スーツケースについている車輪の数で走行性が変わります。2輪が多いですが、4輪の方が早く走るのでオススメです。

音が静かな車輪なら周囲に迷惑をかけないので使い勝手◎。

ストッパーがついていれば、坂道を転がっていく心配がないため尚良しです。