タイで不動産物件購入する時には知っておくべきポイントがある!

タイは半袖で過ごせる温暖な気候で、世界中から観光客が訪れる観光地でもあります。日本からの直行便のアクセスもよく、人々も親しみやすい雰囲気があます。そんなタイでロングステイしたいという人や不動産投資をしたいといった人々に、不動産購入が注目されています。そこで、タイで不動産購入を行う際に知っておきたいポイントなどをご紹介しましょう。

●不動産をもつにはルールがある!

タイで不動産物件購入する時には知っておくべきポイントがある!
タイで不動産を所数したいという場合、まずは知っておくべきルールがあります。法律として定められている決まりを知っておくと言うことがタイでの不動産所有ではとても大事になります。

・法律のルール
まず、外国人がタイで不動産購入をする際に、いくつか規制があり、外国人は土地を購入することができないようになっています。ただし、コンドミニアムなら購入することができるので、物件を所有するという場合にはこうしたコンドミニアム物件を所有するということが前提になります。

・保有比率制限
さらに、このコンドミニアムは保有比率制限を受けることがあり、外国人がコンドミニアムを所有する場合、1棟のコンドミニアムに対し、購入面積の割合が外国人は49%、タイ人が51%とされている点に注意が必要です。外国人が直接所有をできない物件を購入したいからと言って、タイの現地人の名義貸しなどを通して購入するという方法などが思いつくかもしれませんが、こうしたことは法律に反するとされています。
このように、タイには物件購入に当たり、決められたルールがあるため、この点は購入前に知っておくことが大切です。

●できるだけ現地視察をしてインスペクションをしよう!

タイで物件こうにゅうを行うという場合、できるだけ自身の目で確かめてから購入することが大切なポイントになります。海外物件はその国にあるため、実際に確かめようと思うと現地まで出向く必要があり、コストが高くなるという点から現地視察などは行わすに購入したいという気持ちになることもあるでしょう。
特にバンコクでは、コンドミニアム建設がラッシュで、様々な魅力的な物件が建設されているのですが、図面だけだとどうしてもわからない現地物件の周辺環境など、その場所の雰囲気というのは実際に目で見てからでないとなかなか分からないものです。購入するに当たっては、本当に購入することが適切なのかをしっかり吟味する必要があります。また、新築コンドミニアムは予定地にギャラリーも併設されますので、実際の設備や内装もはっきりと確かめやすくなっています。日本よりもお得と言われても、安い買い物ではないため、翌自身の目で確かめて購入するようにしましょう。

●コンドミニアム物件は外国人でも簡単購入可能!

タイでは外国人の土地の所有はできないのですが、コンドミニアムは外国人も簡単な手続きで購入できます。販売会社の契約書にサインをし、外貨送金証明書を添えて販売会社に返送すればOKというシンプルな方法で手続きできます。不動産取得時の3%の所得費用や1m?あたり50バーツ前後の管理費などが必要ですが、投資用や移住用にコンドミニアム購入を考える人々も増加傾向にありますので、購入を検討する場合はまずはルールや注意点を知っておくようにしましょう。