バックパッカーとは?海外バックパッカーの持ち物とおすすめ国を紹介!!

バックパッカーとは?海外バックパッカーの持ち物とおすすめ国を紹介!!

みなさん、バックパッカーという言葉をご存知でしょうか。バックパッカーとはバックパック(リュックサック)を背負い、海外を低予算で旅行する者をいいます。一般的な旅行者とは違い、旅行期間を長く抑え、高級ホテルではなく格安の宿を利用します。そして、観光はもちろんのこと、地元の人との交流を目的とするのです。バックパッカーの始まりは1960年代で、当時はヒッピーが全盛でした。ヒッピーとは欧米のキリスト教価値観から脱却したい者たちのことで、権力からの自由と新たな価値観を求めておりました。しかし、彼らにはお金がなく低予算でインドやネパールに足を運んでいたのです。このようなカルチャーがヒッピー以外の人にも浸透し、現在のバックパッカーが誕生しました。海外旅行は高い!というイメージをお持ちの方、実は低予算でも海外に長期間滞在できるのです。贅沢には興味がなく、単純に海外に行ってみたい方、バックパッカーになっているといいかもしれません。ということで今回はバックパッカーになりたい人向けに役に立つ記事になっております。最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

1.海外バックパッカーに必須な持ち物

バックパッカーとは?海外バックパッカーの持ち物とおすすめ国を紹介!!

まずは、バックパッカーに必要な持ち物について紹介します。低予算と長期滞在を目的とするパックパッカー、できるだけ必要最低限の荷物に抑えたいです。バックパッカーに必要な持ち物を下記します。

 

バックパッカーに必要な持ち物リスト

1.パックパック

2.パスポート

3.SIMフリースマートフォン

4.観光ビザ

5.サブバッグ

6.クレジットカード

7.海外旅行保険の契約書コピー

8.充電器

9.モバイルバッテリー

10.延長コード

11.変換プラグ

12.懐中電灯

13.フェイスタオル

14.日焼け止め

15.歯ブラシ

16.ジッパー付きのビニール袋

17.レイングッズ

18.洗剤

19.折り畳み式ハンガー

20.下着

21.帽子

22.ウェットティッシュ

 

上記を用意しておけば問題ないです。リストとして使用してください。各機器の充電器は忘れやすいので注意しましょう。貴重品はサブバッグに入れることをおすすめします。スリ対策のためサブバッグもスキミング防止素材のものを使用し、南京錠をかけておきましょう。海外の格安の宿は夜に電気が付かないことが多いので、懐中電灯があれば役に立ちます。

 

2.バックパッカーにおすすめの国

バックパッカー初心者におすすめの国を紹介します。

 

・タイ

バックパッカー初心者には不安が多いと思いますが、タイはその不安を解消してくれる国です。まず、物価が低いです。食べ物や宿泊費、交通費合わせて、1日数百円で暮らすことが可能です。低予算が目的のバックパッカーにとっては嬉しい条件となります。また、日本ほどの治安は担保されておりませんが、道路を歩いていて身の危険を感じるような雰囲気はありません。さらに、仏教国が影響していることから、タイ国民は優しくフレンドリーに接してくれます。

 

・韓国

日本のお隣の国、韓国。フライト時間も短く航空運賃が安いところがおすすめです。物価などは東南アジアに比べると上がってしまいますが、短期間でパックパッカーをしたい方にはおすすめです。

 

・台湾

韓国同様、フライト時間が短めで航空運賃も安くとれます。台湾は親日国として有名ですので、その点も安心です。比較的小さな地域に観光地が集中していること、最近の経済発展度が高いことが人気の理由です。

 

 

3.バックパッカーに必要な費用はどのくらい?

バックパッカーに必要な費用は、世界一周をするにしても一人あたり100~300万円になります。アジア方面だと、1日1000円と考えてよいです。というのもバックパッカーたちが目安にする予算が「1日1000円」なのです。アジア圏の場合、1日1000円は十分に可能な金額なので、それを目安に活動してみましょう。

4.まとめ

本記事ではバックパッカーについて紹介させて頂きました。持ち物さえ準備できれば、アジア圏では、宿泊や観光費用込み1日1000円で活動できます。自分探しや現状に不満な方はバックパッカーになり、世界中を旅すると答えが見つかるかもしれません。