不動産投資信託の国内と海外の違いとは?それぞれの特徴を解説!

不動産投資信託には国内の商品と海外の商品があります。不動産投資信託にチャレンジするとして、どちらを選ぶべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そこで、不動産投資信託の国内と海外の違いについて解説しましょう。

1.国内の不動産投資信託の特徴

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

もともとアメリカで生まれた不動産投資信託を日本の法律に適した形で運用しているのが国内不動産投資の特徴です。「J-REIT」と呼ばれていて、さまざまな物件を運用しています。2001年に日本で運用されるようになり、現在は数多くの会社がJ-REITを取り扱っていて、証券取引所に上場している会社はたくさんあるのです。

 

J-REITは高い利回りを実現することができます。その理由の1つが導管性です。J-REITは法人税を課税される前の段階で分配金を投資家に支払うことができます。これによって利回りを高くすることに成功していて、J-REITは注目されているのです。

 

J-REITで主に取り扱っている不動産は、オフィス、商業施設、住宅、物流施設、ホテル、ヘルスケアとなっています。基本的に複数の施設を運用するタイプのJ-REITが多く、リスクは低いです。

2.海外の不動産投資信託の特徴

不動産投資信託は日本だけではなく世界中で行われています。それを地域別に分けると、米国REIT、欧州REIT、アジアREITなどが存在するのです。アジアREITの中には、日本REITだけではなくシンガポールREITや香港REITなどもあります。

 

海外の不動産投資信託はそれぞれの国の不動産を取り扱っているのが特徴です。その国の法律によって運用されているため、日本の不動産投資信託とはルールが異なっています。基本的に海外は日本よりも法規制が緩い地域が多いです。したがって、海外の不動産投資信託は日本よりも高い利回りの商品がたくさんあります。

 

3.アメリカの不動産投資信託の特徴

不動産投資信託はアメリカで生まれたものであり、現在でも投資が活発に行われているのはアメリカです。アメリカでは200以上もの不動産投資信託商品が取り扱われていて、市場規模がとても大きくなっています。

 

アメリカの不動産投資信託はさまざまな不動産を扱っています。オフィスビル、商業施設、自宅、物流施設、データセンター、インフラストラクチャー、ヘルスケア施設などが多いです。

 

4.国内と海外のどちらの不動産投資信託を購入するべきか?

国内の不動産投資信託の場合は、国内の証券会社の多くが取り扱っています。情報も入手しやすく、挑戦しやすい環境が整っているといえるでしょう。一方、海外の不動産投資信託の場合は、基本的には日本の証券会社を仲介して購入することになります。すべての証券会社が取り扱っているわけではなく、得られる情報も限られたものばかりです。そのため、海外の不動産投資信託に挑戦する際にはきちんとした不動産投資会社を選びましょう。信頼できる会社を選ぶことで安心して取引ができます。

 

もし、リスクのない安定した投資をしたいのであれば国内の不動産投資信託をおすすめします。日本の法律が適用されてリスクが少ないからです。情報は豊富にあり、どの証券会社も取り扱っていて、気軽に相談できます。リスクを避けて安心して取引できます。

 

もし、大きな利益を上げたい、利回りを重視したいと考えているならば海外の不動産投資信託がおすすめです。海外の方が日本よりも利回りが高くなっていて、大きな利益を得られるチャンスがあります。

 

海外の不動産投資信託では基本的にアメリカがおすすめです。海外は不動産投資信託の市場が世界で最も大きく、多くの情報が存在していて、日本の証券会社でも取り扱っています。上手くいけばかなりの利益を得られるでしょう。

 

5.目的に合った不動産投資信託を選ぼう

国内と海外では適用される法律が異なり、利回りやリスクに違いがあります。それぞれが重視するものによって、国内と海外のどちらの不動産投資信託が適しているのかは異なるのです。最適なものを選択しましょう。