海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

旅行の際に、バックパックにするかスーツケースにするかどうかで悩んでおられる方はいると思われますが、さあ!海外に旅行に行こう!国内旅行に行こう!と考えました際に、バックパックにするか、スーツケースにするかで悩まれる方はおられると思います。状況は様々でありますので多種多様な考え方があると思われます。

それぞれのケースにおいてのメリットやデメリットについて解説させて頂きたいと思います。好みの問題で片づけてしまえばそうでありますが、例えば未舗装のじゃり道等の道路でスーツケースを引きづっていくのはかなり困難でありますし、ホテルに到着してバックパックから、スーツを取り出すにしても、外出用の綺麗なオシャレ着がシワシワになっておりましたらテンションも下がってしまいますので、旅の目的や要件によって臨機応変にバックパックか、スーツケースを使い分けていくのが良いでしょう。

 

スーツケースのメリットデメリットについて

海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

まず、スーツケースのメリットからでありますが、スーツケースのメリットとしまして、滞在する箇所が一か所である場合については、スーツケースがベストです。複数にまたがっている場合については、様々な道路を行き来しなければならず、片手も塞がってしまうことから、多目的については、向いておりません。

長期休暇で実家に帰る時や、車でロードトリップ等をする際にはスーツケースが重宝されます。バックパックと比較しまして、出した荷物をすぐに収納する点が優れており。再パッキングが各段に便利です。まずメリットとして、ハードシェルのスーツケースであれば、盗難対策に最適です。

盗難対策で鍵をかけてスーツケースにロックをかけることができますので、盗難対策で鍵をかけられます。様々な場所で旅に行かれる方には、是非、防犯面からも、スーツケースにロックをかけれるタイプを推奨します。

この点でのデメリットとしては、機内で邪魔になったり、間違えて似たようなスーツケースを取り違えてしまう恐れがあることです。また、バックパックを背負って歩くよりも、転がして移動する方が楽と言う方もおられますので、道路や通路が舗装されている場合で、しっかりとした平な道であれば、圧倒的にスーツケースの方に軍配が上がります。

また、荷物を収納する際に、家庭で衣類を詰める際については、平らな所から収納できるので、利便性に長けております。多くの場合、ハードタイプのスーツケースであれば、防水加工が施されているので、突然の豪雨等にも最適です。デメリットとしては、押すのが面倒な人については、バックパックを推奨できることです。

また、面積をとってしまいますので、狭い通路等においては、人の邪魔になることも考えられるので、広い通路であれば、そんなに悩むことはないでしょう。混雑した街中や雑踏や列車等に乗り込んだ際には持ち歩くのが非常に困難になります。

良いスーツケースになると2万円程度の物が標準的な価格となるので、リーズナブルな予算でお考えの方については、少し高くつく状況となります。

スーツケースが最適なシチュエーションとしては、リゾート旅行や、車を借りて旅行をする時等について、結婚式等に参加する時や、出張等に最適です。

 

バックパックのメリットデメリットについて

海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

バックパックのメリットデメリットについては、まず、メリットについてですが、コンパクトで持ち運びしやすいので、小旅行に最適です。国内での近所を散策する際や、近い都道府県を散策する際にも手軽であり身軽で便利です。

デメリットとしては、上からしか出し入れできない時に、イチイチリュックを降ろして広げないといけませんので、中身を全部出さなければなりません。

スーツケースよりも好みが分かれるために、バックパックは多種多様で様々な種類がありますので、選定する際に時間がかかることです。