海外旅行に使用するバックパックの選び方

海外旅行に使用するバックパックの選び方

みなさん、バックパックをご存知でしょうか。バックパックとは海外旅行の際に、旅行道具を持ち歩くための背中に背負う荷物袋のことです。リュックサックと近い意味合いを持ちます。背中に背負う荷物袋ですが、ドイツ語でリュックサック、英語ではバックパックというそうです。日本ではリュックサックで浸透しておりますが、海外旅行に使うリュックサックの場合はバックパックと言い換える傾向があるようです。海外はスリが多く、バックパックで出かけることをオススメしない本や記事を目にします。しかしながら、遠出をしたい場合はどうしても荷物の量が増えてしまいます。そんな時に大活躍するのがバックパック。本記事では遠出するには必須のバックパックに関して、その選び方を紹介します。

 

1.海外はスリが多いがバックパックをオススメする理由

海外旅行に使用するバックパックの選び方

海外はスリが多く、特にヨーロッパはスリが盛んです。海外で観光する際は、ショルダーバックやウエストポーチ、キャリーバックのイメージが強いと思います。バックパックは背後からスリに狙われやすいデメリットがあります。しかしながら、登山や観光で遠出するとなるとバックパックが最適と考えます。その理由を下記します。

 

・旅行中は徒歩での移動が多くなるため、日本よりも舗装されていない道をキャリーバックで歩くのは困難。

 

・荷物が多い場合、ショルダーバックだと片方の肩に負担がかかる

 

・バックパックは歩行が安定して疲れにくく、荷物が多く入る

 

バックパックは様々な容量や種類があるので、次章でバックパックの選び方について解説します。

 

 

2.バックパックの選び方

パックパックには登山用と旅行用がありますので、違う目的のバックパックを買わないように注意しましょう。登山用については、ハードな環境が想定されるため、登山用バックパック選びには慎重になるべきです。ハイドレーションシステムやピッケル・トレッキングポールループなど登山するにあたって、ストレスのかからない機能が備わっているか、確認しないといけません。

旅行用のバックパックは登山用に比べて、非常にシンプルな作りになっております。旅行期間に見合った容量で背負い心地がよければ、デザインと価格で選んで問題ないでしょう。

 

 

3.バックパックに必要な機能

快適に旅行をするために、バックパックに絶対に必要な機能を5つ紹介します。

 

・ポケットの数が多い

・メッシュ構造である

・ウエストハーネスが付いている

・ポケットがファスナータイプ

・レインカバーが付いている

 

3-1.ポケットの数が多い

当たり前なことではありますが、ポケットの数は多い方が便利です。ハンカチや虫除けスプレー、観光用マップ、ワイヤレスイアホンなど頻繁に取り出すものは別のポケットに入れた方が取り出しやすく、快適です。

 

3-2.メッシュ構造である

バックパックを背負った時に、背中にあたる部分(バックパネル)と肩にあたる部分(ショルダーハーネス)はメッシュ構造のバックを選んだ方がよいです。バックを背負って歩いていると汗でびっしょりになっていることがあります。蒸れを防ぐためにメッシュ構造になっていることは必須です。

 

3-3.ウエストハーネスが付いている

ウエストハーネスとはウエスト部分で、ぱちっと止める腰回りのベルトのことです。ウエストハーネスをすることによって、肩にかかっている負担を背中に分散することができるので、疲れてきたときに効果を発揮します。

 

3-4.ポケットがファスナータイプ

海外ではスリが多いです。ボタンで止めるタイプ、紐で縛るタイプのバックパックはスリグループに狙われる可能性があります。ファスナータイプだと南京錠をかけられるので、安心して観光できます。

 

3-5.レインカバーが付いている

レインカバーは突然の雨からバックパックを守る役割もありますが、それ以外にもポケットに麻薬を入れられるリスクの低減、色あせや経年劣化を遅らせることができます。少し面倒ではありますが、観光や登山の際のバックパックには常にレインカバーをかけて置くことをおすすめします。

 

快適な旅行をするために、上記で紹介した機能が備わっているバックパックがあれば、ブランドや色にはこだわらなくてもよいと思います。

 

3.まとめ

「海外旅行に使用するバックパックの選び方」というテーマで書きました。バックパックとは海外旅行に使用するリュックのことで、登山用と旅行用があります。購入の際は注意しましょう。さらに、バックパックに必要な機能を5つ紹介しました。この5つの機能が備わって入れば、快適で安心安全な旅行ができると思います。海外旅行の予定があり、バックパックの購入を検討されている方へ、参考になれば幸いです。