バック選びをするなら覚えていてほしいこと

ビジネスシーンで必要となるバックですが、どのようなものを選んだらよいのかわからないといった方も少なくはありません。

ビジネスバックは多数あり。

バック選びは悩まれるのは当然のことです。しかし、きちんとバック選びをしてこそ、真のビジネスマンやキャリアウーマンになることが出来るのです。

バック選びの基本

バック選びの基本となるのはまずはきちんと立つことが出来るバックであるか否かを見極めなくてはなりません。

ビジネスの席で床などにバックを置くことが多いと思いますが、置いた瞬間バックか倒れたら、そのバックの持ち主までもだらしない印象を抱かれてしまいますので、基本は置いたらしっかりと立つ、マチがあるバックを選択するのが基本となります。

次に、これは人それぞれ異なるのですが、持ち物に合わせてバック選びをするということです。会議などでパソコンなどを使う機会が多く、書類などをあまり持ち歩くことがないようなタイプの人は、現在使われているパソコンが入る大きさのバックを選ぶことが大切です。

ビジネスシーンにおいて、書類などが入ったバックとパソコンの入ったバックを持ち歩くのは効率が悪いと見なされてしまう可能性もありますので、パソコンがしっかりと収納でき、更には衝撃などにも強い素材で出来たカバンを選ぶことが大切です。

反対に紙などの書類が常にたくさんあるというかたは、バックの中身がゴチャゴチャにならないためにも、小分けにされたようなバックを選ぶことが必要となってきます。書類はA4紙で印刷されていることも多いですので、A4紙が入るタイプのものを購入することが基本となります。

もしも企業が需要な顧客名簿などを管理することが多かったら、他者の目触れてはならないような情報である場合には、鍵がついているようなバックもおすすめです。

バックはビジネスの基本

ビジネスシーンにはバックは付き物です。顧客などと会うときなどは必ずバックを持参しなくてはなりません。そのため、バック選びは慎重に行ってほしいものです。社会人の基本は自立することが出来るバックであり、パソコンや書類が入るような余裕のある大きさが基本となっています。

加えて名刺をすぐに取り出すことが出来るように、外ポケットが豊富であり、細かなものを収納することが出来るものや、持ち運ぶことも多いですので、防水機能などがついていると、より安心して雨の日などでも気持ちよくバックを使いこなすことができ、顧客などに出来る人だという印象を与えることが出来ます。

日本で販売をされているバックの多くは海外で生産をされ日本へ輸出されております。

日系のバック生産会社は海外に工場を設置し、バック生産を行なっているのです。

タイのバンコクは大手の日系企業が進出しており、製造系の工場が多くあります。

タイのバンコクで工場の仲介やバンコク視察の為にアパートを探す時におすすめをしている不動産会社です。バンコクでは通常短期滞在物件の取り扱いを行っている不動産会社はほとんどありません。こちらの日系不動産会社では多くの格安物件や短期滞在物件を取り扱っており、部屋探し依頼や工場の仲介をお願いする際におすすめです。スックリビング https://www.sukliving.com/

革バックのお手入れ方法の詳しい説明

革バッグは、使っているとだんだんと馴染んできて、さらに素材感が増し、新しいときよりも魅力が増してきます。しかし、革は天然の素材で、タンパク質をベースにしているため、うっかりしたことでダメージを与えてしじまうこともしばしばです。ここでは、お気に入りの革バッグの寿命を伸ばして、できるだけ長い間使えるためのポイントをご紹介します。

・革バッグの保管方法

意外と革製品にダメージを与えてしまうのは、保管しているときだということをご存知ですか?
高価で大切にしたいから、なかなか使っていないのに、ある日取り出して見たらカビだらけになっていることがあります。カビができてしまうと、カビの種類にもよりますが、黒く変質してしまい、除去しようとしてさらにダメージを与えてしまうことも少なくありません。

カビができないようにするには、まず保管前に汚れをできるだけ除去してください。汚れ、特に汗やアカといった有機的な汚れがカビの原因です。バッグのフタ部分や持ち手など、手で直接触ってしまう場所は特に要注意。湿ったタオルで拭き取って、陰干しをしてよく乾かしてから保管しましょう。

カビはジメジメした、閉め切った場所で発生しやすくなります。通気性のある場所で、紫外線を避けて保管しましょう。紫外線は、革の変色の原因になるため、やはり避けなければならないのです。

そして、型崩れしないように内部に丸めた紙類を入れ形を整えてから、不織布(ふしょくふ)の袋に入れて保管します。高価なバッグはネルの袋がついていますが、通気性があまり良くないので不織布の袋がおすすめです。もちろん、ビニール袋は絶対使わないでください。

必ず袋に入れてください。袋に入れないで革のバッグを並べていると革と革がくっついてしまうことがあります。このように革と革がくっついてしまうことを「スティッキー現象」と呼びますが、特にエナメルなど表面を加工した革に起きやすい現象ですから注意してください。

防虫剤、例えばナフタリンなどは直接革に触れてしまうと変色の原因になります。入れるときは同じ袋の中に入れずに別にしておきましょう。形を整えるためにバッグの中に新聞紙を入れると、新聞紙のインクに虫除け効果があるため、一石二鳥です。ただし、バッグの内部が薄い色で新聞紙のインクでシミができる可能性がある場合は、新聞紙を不織布等で包見ます。

・日常使いで気をつける点

大切な革バッグだからついついしまいこんでいませんか?実は使い込むほどに味が出ることも革バッグの魅力です。できるだけ日常的に使うようにしましょう。しまいこんでいると、かえって型崩れをしたり、カビができたりしてダメージを受けてしまいます。

日常使いのお手入れは、柔らかい布で軽く拭いて、専用ブラシ(柔らかな馬毛など)で軽くブラッシング。そして、1ヶ月に1度くらいの割合で油分を補給しましょう。革バッグ用に売られているクリームか馬油を全体に薄く塗ります。かたまりを乗せてしまうと、シミになることがあるので注意してください。初めて油分を補給するときは、見えない部分につけてみて確認してから使いましょう。

革は水に濡れることが嫌いです。できれば雨の日は、大切なバッグを持って行かないようにした方が良いのですが、急に雨が降ってしまうこともありますよね。濡れてしまった革バッグをそのままにしておくと、シミ、型崩れ、変色、変質(硬化)してしまいます。

濡れたときはすぐにケアをしてください。ドライヤーで乾かすと、硬くなったり、変色したりするので注意しましょう。

もし濡れてしまったら、まず、濡れた布で全体を拭きます。これは、全体に水のシミと同じように満遍なく濡れた状態にするためです。そうするとシミが目立たないようになります。その後、乾いた柔らかい布、またはタオルで水気をできるだけ取ってください。水気を十分に取ったら、風通しの良い場所で陰干しをして完全に乾かします。乾いたら油分を補給しましょう。

・バッグの素材それぞれの種類の詳しい説明

バッグを作る革は加工の仕方でいろいろな種類があります。

ヌメ革

ヌメ革は、タンニンで鞣(なめ)しただけで、染色などの手を加えていない革です。革の中でも特に革本来の持ち味を持っており、使うほどに味わいが出てきます。しかし、とてもデリケートで、蛍光灯の光だけでも変色する可能性があるため、常に紙などに包んで保管してください。耐水性もなく、水に濡れるとシミができてしまうので、濡らさないようにしましょう。

購入したら、まず天日干しをするとその後のお手入れが楽になります。普段のお手入れは、使い終わるたびに乾拭きをしてください。

銀付き革

皮には裏表があり、表側を銀面と呼び、銀面を鞣して染めた革が銀付き革です。「本染め皮」と表記されている商品もあります。革の風合いを楽しめるのが銀付き革で、使うほどに味わいが出てきます。

耐水性があまりなく、濡れるとシミになりやすいことが欠点です。お手入れをするときに保湿剤を塗ったためにシミができてしまうこともあります。クリームを使うときは、目立たない箇所に塗ってみてください。柔らかな布でツヤが出るまで磨き込むように拭きます。

ガラス革

ガラス革は、表面を削り、その上に顔料を塗って光沢を出した革です。表面を削るので、多少傷がある革でもOKなため、比較的安価に作られます。ガラスのように輝いているためにガラス革と呼ばれるわけではなく、製造過程でガラス板に貼り付けて乾かすためです。

耐久性のある塗料が使われているため、水が浸透しにくく丈夫ですが、保湿のためのクリームが中まで染み込まないというデメリットがあります。お手入れも簡単です。雨にぬれても乾いた柔らかい布で拭いて、乾かし、ツヤが出るクリームで仕上げましょう。

エナメル革

エナメル革はガラス革と良く似ていますが、性質が全然違うので注意が必要です。ガラス革とは違い、クロム鞣しに光沢のある耐水性のある樹脂をコーティングしています。耐水性はありますが、水シミができると取り除きにくいので濡れないように注意しましょう。

パール革

パール系の顔料を吹き付けたパール革は、光沢がありエレガントです。お手入れの方法は、ガラス革と同じように、柔らかな布で拭いて、油分を補給します。もっとパールの輝きを強調したい場合は、ラメ入りのクリームがおすすめです。

型押し革

型押し革は、鞣した革にプレスをして、トカゲなど爬虫類の皮に見えるように加工した革です。お手入れは基本的には他の革と同様ですが、型押しをして溝があるため、ホコリが入り込みやすいというデメリットがあります。柔らかいブラシでブラッシングをしてあげましょう。

油分を補給したときは、クリームのかたまりが溝に入り込んでしまわないように注意して、薄く塗るようにしてください。

オイルレザー

オイルを染み込ませたオイルレザーは、とてもしなやかで、耐久性もあります。汚れやホコリがつきやすいので、ブラッシングをしっかりしましょう。

・それぞれのバック素材の特徴と違い

バッグ素材は加工の仕方だけではなく、材料によっても手触りや耐久性が変わります。バッグを選ぶときに、材料の名前が理解できると、選びやすいですね。

・ステアレザー

ステアは生後2年以上の牛の皮です。安定した品質で、よく利用されています。

・キップレザー

キップ(kip)は、生後6か月から2年未満の若い牛の皮です。手触りがよく、本来の素材感を大切にしているので、丈夫で使い込むほどに味が出ます。そのため、手垢のつきやすい、コインパースなどに使われます。

・コードバンレザー

馬の臀部の皮で、皮の表面を削っていき「コードバン」と呼ばれる層を取り出して使います。とても特殊な革で高価ですが、大切に使えば一生ものです。

・ピッグレザー

ピッグレザーは、豚の皮です。豚は攻撃的な性格のため、皮に傷が多い動物です。そのため、靴底などにしか使われていませんでした。しかし、軽くて耐水性があることから人気が出てきています。日常使いのトートバッグなどがおすすめです。

・ゴートレザー

ゴートレザーは大人の山羊革から作られた革です。ゴートレザー独特のシボと呼ばれるシワが特徴で、柔らかさはバッグだけではなく服に使われるほど。

・メンズバックに適している素材・レディースバックの適している素材

メンズバッグは、毎日使うことを考えて、耐久性、特に耐水性のある素材を選びましょう。雨が降っているからとバッグを替えるのは面倒ですよね。そしてお手入れも簡単なものがおすすめです。古くなるほどに味の出てくる銀付き革で作られたものの中から選んではいかがでしょうか。

レディースバッグはファッション性も考えて、エナメル革の小ぶりバッグも欲しいですよね。雨の日用、通勤して夜にお出かけをする日用、デート用など色々必要です。車でお出かけならば多少重くてもスタイリッシュなバッグ、徒歩の多い日は軽いバッグと利便性も考えて選びましょう。

まとめ

皮には色々な種類があります。
種類によってお手入れの方法が多少違いますが、基本は乾いた布で常に汚れないように拭き取ることと、風通しの良いところに保管することです。
柔らかな毛のブラシを用意してブラッシングを心がけ、手入れはこまめにすることが大切です。
皮は大切に使えば何十年も使えます。長く使えるものを持つということもエコロジーな生活です。