海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

旅行の際に、バックパックにするかスーツケースにするかどうかで悩んでおられる方はいると思われますが、さあ!海外に旅行に行こう!国内旅行に行こう!と考えました際に、バックパックにするか、スーツケースにするかで悩まれる方はおられると思います。状況は様々でありますので多種多様な考え方があると思われます。

それぞれのケースにおいてのメリットやデメリットについて解説させて頂きたいと思います。好みの問題で片づけてしまえばそうでありますが、例えば未舗装のじゃり道等の道路でスーツケースを引きづっていくのはかなり困難でありますし、ホテルに到着してバックパックから、スーツを取り出すにしても、外出用の綺麗なオシャレ着がシワシワになっておりましたらテンションも下がってしまいますので、旅の目的や要件によって臨機応変にバックパックか、スーツケースを使い分けていくのが良いでしょう。

 

スーツケースのメリットデメリットについて

海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

まず、スーツケースのメリットからでありますが、スーツケースのメリットとしまして、滞在する箇所が一か所である場合については、スーツケースがベストです。複数にまたがっている場合については、様々な道路を行き来しなければならず、片手も塞がってしまうことから、多目的については、向いておりません。

長期休暇で実家に帰る時や、車でロードトリップ等をする際にはスーツケースが重宝されます。バックパックと比較しまして、出した荷物をすぐに収納する点が優れており。再パッキングが各段に便利です。まずメリットとして、ハードシェルのスーツケースであれば、盗難対策に最適です。

盗難対策で鍵をかけてスーツケースにロックをかけることができますので、盗難対策で鍵をかけられます。様々な場所で旅に行かれる方には、是非、防犯面からも、スーツケースにロックをかけれるタイプを推奨します。

この点でのデメリットとしては、機内で邪魔になったり、間違えて似たようなスーツケースを取り違えてしまう恐れがあることです。また、バックパックを背負って歩くよりも、転がして移動する方が楽と言う方もおられますので、道路や通路が舗装されている場合で、しっかりとした平な道であれば、圧倒的にスーツケースの方に軍配が上がります。

また、荷物を収納する際に、家庭で衣類を詰める際については、平らな所から収納できるので、利便性に長けております。多くの場合、ハードタイプのスーツケースであれば、防水加工が施されているので、突然の豪雨等にも最適です。デメリットとしては、押すのが面倒な人については、バックパックを推奨できることです。

また、面積をとってしまいますので、狭い通路等においては、人の邪魔になることも考えられるので、広い通路であれば、そんなに悩むことはないでしょう。混雑した街中や雑踏や列車等に乗り込んだ際には持ち歩くのが非常に困難になります。

良いスーツケースになると2万円程度の物が標準的な価格となるので、リーズナブルな予算でお考えの方については、少し高くつく状況となります。

スーツケースが最適なシチュエーションとしては、リゾート旅行や、車を借りて旅行をする時等について、結婚式等に参加する時や、出張等に最適です。

 

バックパックのメリットデメリットについて

海外旅行においてバックパックかスーツケースを選定する時

バックパックのメリットデメリットについては、まず、メリットについてですが、コンパクトで持ち運びしやすいので、小旅行に最適です。国内での近所を散策する際や、近い都道府県を散策する際にも手軽であり身軽で便利です。

デメリットとしては、上からしか出し入れできない時に、イチイチリュックを降ろして広げないといけませんので、中身を全部出さなければなりません。

スーツケースよりも好みが分かれるために、バックパックは多種多様で様々な種類がありますので、選定する際に時間がかかることです。

 

海外でリュックを推奨する理由について

海外でリュックを推奨する理由につきまして、強く推奨させて頂き内容は、スーツケースを持っていくのではなくて、なぜリュックが重宝されるのか?と言う点についてですが、スーツケースでは、すぐに、取られてキャリーで移動がしやすいので、防犯対策にならないと言う点であります。

リュックであれば、一人が無理やり奪おうとしても、両手を通しておりますので、そう簡単にリュックをはぎ取ることができないと言うのが一つの理由です。まずは、防犯対策として、両手が空いてますので、暴漢に襲われた場合や、泥棒にリュックをふいに掴まれた場合でも、両手が空いておりますので、簡単に撃退しやすいことが一つ挙げられます。

防犯対策だけではなく、両手がふさがっておりませんので、観光をめいっぱい楽しむことができます。トートバックや、メッセンジャーバックであれば、十分にお土産を収納することができずに両手が塞がってしまうと言う状況が発生します。

両手が塞がってしまうことによって、海外では、窃盗やスリが多いので一瞬のスキをついて、窃盗されてしまうと言うリスクを負うことになりかねませんので、そうならないためにも、やはりリュックを安心して背負うことを推奨させて頂きます。

 

手頃なサイズのリュックは機内に持ち込みやすいこと

海外でリュックを推奨する理由について

手頃なサイズのリュックにつきましては、機内に持ち込みやすいので、そこもリュックを選定する一つのメリットです。更に飛行機から降りる時にスーツケースであれば、片手が塞がってしまうのですが、リュックであれば、機内から出る際に両手が塞がっていない状態ですぐに出ることができます。

また、「疲れにくい!」と言うことも挙げられます。リュックは両腕を二本通してしっかりと背中で支えてますので、リュックであれば、歩いている時にでも疲れにくいと言う利点があります。そのような点から、海外での旅行には便利です。

 

リュックサック(バックパック)を選定する上で知っておきたいこと

海外でリュックを推奨する理由について

リュックサックを選定する上で知っておきたいこととしましては、リュックを選定する上でまず重視したい内容としては、リュックのサイズとなる容量です。

海外旅行で使用するリュックの用途としては、街歩き用や手荷物用のリュックと、メインの荷物を収納するリュックの主に二つに分けられます。街歩き用として、海外の街を散策したり、観光で使用するリュックとしては、デイリーユース用での小さ目のリュックを一般的には使用します。

メインの荷物を収入するリュックとしては、大きめのリュックを選ぶのが良いでしょう。目安としては、一泊用であれば、30L用のサイズを推奨します。2泊から3泊ですと、40Lの容量のモノを使用します。一週間程宿泊する場合については、50L程あると安心です。

 

バックパックで必要な複数の機能について

海外でリュックを推奨する理由について

バックパックで必要な複数の機能についてですが、まずは、「ポケットの数が多いこと」ポケットの数が多いことで、観光でちょっとした小さい物を購入した際に、すぐに収納することができます。

また、ポケットの数が多ければ多い程、荷物となる小物等の取り出しがすぐに可能となり利便性に優れます。雨具や虫よけスプレー、ガイドブックや辞書等の頻繁に使う物については、リュックでポケットが多く用意されている程、必要なものがすぐに取り出しやすいので、そのような観点からも重要です。

二つ目に、「バックパネルやショルダーハーネスがメッシュであること」これについては、やはり通気性の観点から、特に夏場について、汗でムレないようにするためにもメッシュの物を推奨させて頂きます。

「ウエストハーネスがついていること」によりまして、背中特に両肩への負担を腰等、背中にも分散させることができますので、肩を痛めることにならないためにも、是非、検討して頂きたい機能の一つとなります。