経済発展著しいバンコクでは不動産投資がブームです。実需要も高く将来的な値上がりが期待できるバンコク不動産への投資は現地の人だけでなく海外投資家からも大きな注目を集めています。特に建設ラッシュが続くコンドミニアム物件がの人気で多種多様な物件に多くの資金が注がれています。
生活拠点としてコンドミニアムを購入した人の満足度も高く、これからバンコクのコンドミニアムの購入を検討されている方は過去の成功事例を参考によりよい物件を見つけてください。

広さは大きな魅力

こんなところに注目!バンコクでコンドミニアム購入の成功事例から考えるチェックポイント

バンコクのコンドミニアムの魅力はなんといっても広々とした室内空間です。格安クラスのコンドミニアムでも日本のワンルームマンションよりも広い部屋が期待できますが、高級クラスに分類されるコンドミニアムともなれば一流ホテルのスイートルーム並みの広さです。バンコクのアッパークラスはメイドを雇って家事を任せる文化があることからメイド用の生活スペース付きの物件も多く見られます。
コンドミニアム購入に満足している人の声を聞くとやはり広さを評価する声が目立ちます。とてもシンプルな条件ですが広さは物件の快適性に関わる重要条件であり基本中の基本です。物件選びで迷ったら広さを優先するのも成功に近づくポイントです。

付帯設備は必要なもののみに絞ること

バンコクのコンドミニアムには充実した付帯施設を売りにしている物件が多く見られます。24時間使えるプールやフィットネスジム、パーティールームなど住人限定で使える充実した施設を魅力にコンドミニアムを選ぶ人も多く競争はますます加熱しています。
施設が充実しているのは悪いことではありませんが、付帯施設の整備費用が物件価格に含まれていることを忘れていはいけません。付帯設備は無料で使えるのではなく購入資金として先払いしているに過ぎず、利用しない設備が多ければ多いほど物件価格は割高ということになります。豪華な設備は一見魅力に思えますが使わない設備が充実していても無意味です。それどころか価格は割高になってしまいますから、付帯設備は必要な物のみに絞って物件を探すことが重要です。
実際にコンドミニアムを購入した人からも入居前に考えていたほど付帯設備は使っていないという声は強く、見た目の豪華さだけで判断せず実用性をきちんと考えることが物件購入を成功に導きます。

水回りの快適性をチェック

日本人のコンドミニアム購入者で大切だったポイントとして目立つのが「水回り」です。バンコクの物件の水回りは日本とは大きく異なります。バスルームの設計やトイレの使いやすさなど、豪華で充実しているように思えても実際に使ってみると日本のクオリティには及ばない物件が目立ちます。
バスルームがフラット構造になっているなど基本的な設計が日本人になじまない物件も多く、図面だけで判断するのは失敗のもとです。水回りは実際に自分の目でチェックして不満がないか確認するのが物件購入成功の秘訣です。立地や広さでは妥協しても水回りを優先したことで快適な部屋が見つかった事例も多数報告されています。自分にとっての使い勝手を軽視せずきちんとチェックしてください。

海外移住先として人気のバンコク。コンドミニアムを購入して本格的に生活拠点を移すケースが増えていますが、海外不動産の購入は簡単ではありません。魅力的と思われた物件で思わぬトラブルが発生するケースも報告されており、不動産取引の活性化とともにコンドミニアムの購入で失敗する事例も増えています。バンコクのコンドミニアム購入で失敗しないためにも過去の失敗事例を知って参考にしてください。

治安の悪差を知らずに購入してしまう

海外の不動産情報

コンドミニアムの購入に失敗するケースで多いのが、立地の持つ本当の価値を知らずに購入してしまうケースです。
バンコクにかぎらず不動産取引では物件の立地がもっとも重要な条件となりますが、立地条件がどのような価値を持つかは慎重に見極めなくてはいけません。書類上は有望な立地に思えても実際にはそれほどの価値が見込めないという物件は意外と多く、大金を払って購入してしまえば取り返しがつきません。
バンコクのコンドミニアムは治安が大きなポイントです。どんなに利便性が高いエリアでも周辺の治安が悪ければ快適な生活は望めません。経済発展とともにバンコクの治安状況はかなり改善されてはいるもののまだまだ治安の悪いエリアは多く、治安の悪いエリアのコンドミニアムをそうと知らずに購入してしまえば大きな失敗となってしまいます。
バンコクの治安は一区画、通り一本隔てるだけでも大きく変わります。有名エリアの近くだからといって安心してはいけません。購入前に治安状況をきちんとチェックすることが失敗回避につながります。

交通渋滞がひどく利便性が悪い

バンコク生活で大きな懸念材料となるのが交通渋滞です。バンコクの交通渋滞は大都市としては世界最悪に近い状況です。拡幅工事など対策は検討されているものの有効な解決策が取れないのが現状であり、多くの市民は慢性的な渋滞に嫌気が差している状態です。
コンドミニアムでの生活も交通渋滞が大きく影響します。車を利用した生活を考えているのに交通渋滞がひどいエリアのコンドミニアムを購入してしまうと移動でとても苦労します。バンコク中心部の高級コンドミニアムは位置的には利便性が高く思えますが交通渋滞のことを計算しておかないと日常生活もままならないほどです。
鉄道移動中心でも交通渋滞は無縁ではありません。条件の割に価格の安いコンドミニアムは交通渋滞が原因で価格が下げられている可能性を疑いましょう。渋滞を織り込み済みで購入するなら問題ありませんが、知らずに購入してしまうと大失敗するハメになるので気をつけてください。

完成しないプレビルド物件

開発が急速に進むバンコクでは完成前に販売されるプレビルド物件も多く見られます。プレビルド販売されるコンドミニアムは将来が有望視されている物件が中心ですが、必ずしも工事が計画的に進むという保証はありません。特に投資性の強いコンドミニアムでは計画の見通しが甘いまま着工されるケースもあり、物件は完売しているのに建設途中で工事が止まってしまうケースもあります。
中には最初から最初から完成させる気が感じられない詐欺まがいの物件もあります。プレビルド物件を購入するなら実績のある大手や日系企業など信頼できるデベロッパーを選び、できれば現地に足を運んで自分の目で見て信頼性を確かめてから判断してください。

投資の業界の中で現在ASEANの不動産投資がフューチャーされています。
今回はそんなASEAN地域の中でタイ・バンコクの不動産情報について紹介します。

バンコクは広く、地区によって地価も変わるのですが、おすすめの地区の不動産価格や、現在人気の不動産など紹介します。
もし、バンコクの不動産に興味のある方は是非ご参考にしてみてください。

・タイ・バンコク全体の不動産平均価格(2019年)

【不動産投資にオススメ】2019年最新バンコクの不動産価格紹介
まず、タイ・バンコクの全体の不動産平均価格についてご紹介いします。
情報については、タイの2019年上期(1月~6月まで)の価格目安になっているので、下期(7月~12月)では価格が変わっている可能性があります。その点はご留意頂ければと思います。

現在、1平米あたりの販売平均単価は、約10万バーツと言われてます。
日本円にすると、約35万円ほどです。

バンコク市内では、不動産の価格市場が拡大しつつあるようです。
いままでは、バンコクの中心部が人気で価格が上昇傾向にありました。
ただ、最近はバンコク中心部から市場が郊外に動きつつあるようです。

バンコクが発展してきていることによる結果であり、今後はどんどん郊外の土地の値段が上がってくると言われています。
逆にバンコクの中心街では、1平米あたり25万バーツ~35万バーツの物件も多く有り高級プロジェクトと呼ばれるコンドミニアムが計画されています。

注意して頂きたいのが、この高級物件の数が減少傾向にあることです。
理由は、地価が成熟してきていることと、郊外へシフトしてきている事が要因となっています。

・バンコクのおすすめ物件

バンコクで現在人気がでている物件は、バンコクメトロの駅近辺の物件です。
2004年ごろから徐々に開通が進んでおり、2020年ではタープラ駅 – タオプーン駅とフワランポーン駅 – ラックソーン駅が開通予定となっています。

利用者も増えており、駅周辺は人気のエリアが密集しています。
逆にいうと、駅から離れていけばいくほど地価が下がります。そのエリアでの地価上昇は不確定なのでオススメはしません。
日本人向けとしては、日本人居住区であるスクムビット付近であれば、英語やタイ語が話せなくてもマネジメントができ、管理ができるとおもうのでオススメのエリアです。

もし、タイの不動産投資を考えていてどのエリアにするか迷っている場合はスクムビットの日本人居住区付近で物件を探してみてはいかがでしょうか。
最新のコンドミニアムであれば、物件によってはすぐに売れてしまう可能性もあるので、可能であれば早めに契約を結んでしまうことおすすめ致します。

地価の関係もあるので、自分の投資額に合わせた不動産選択をしてみてください。

タイ不動産価格は年々上昇しており、特に外国人も購入できるコンドミニアムと、コンドミニアムを建てる土地の価格上昇が顕著です。外国人は一部の特例を除いてタイの土地を購入ができないようになっていますが、不動産に対する投資も活発で購入意欲も旺盛です。
一方で、不動産価格上昇を牽引するのはバンコク中心部の話であり、それ以外の地域では融資を受けるのも厳しいなど地域による差も激しいです。

人気の物件はすぐに売れるのがタイの不動産

タイの不動産価格は上昇傾向にありますが、人気の物件はすぐに売れるというのも特徴になっています。これはタイの経済成長が期待できるだけでなく、先進国に比べて割安な水準で物件が購入できるためです。高級コンドミニアム購入者の約4分の1が海外デベロッパーという調査もあります。
年金生活者向けのビザが充実しているなどタイが外国人を呼び込む戦略も成功しています。メイドが身の回りの世話をしてくれるプール付きのコンドミニアムなども珍しいものではなくなっていて、不動産が活発に取引される原動力にもなっているのです。
特に複数の路線が乗り入れる駅の周辺は地価も物件価格も上昇傾向が強く、利便性が高いことから人気になっています。タイは渋滞が多く、電車を利用できるかどうかで生活の利便性が大きく変わるからです。
高級物件であってもすぐに売り切れる可能性が在るのがタイの不動産事情になります。

不動産価格が高いのはバンコクの中心部のみ

タイ不動産の価格は上昇傾向?中心部と郊外の違いに注意!
ただし、不動産価格の上昇が顕著なのはバンコクの中心部のみで、それ以外の地域ではそれほど大きな価格上昇は起こっていません。バンコク郊外などに出向けば格安の物件なども存在し、不動産の平均価格は大幅に下がります。流動性も低い状態にあることに理解が必要です。
ただし、タイ語が話せなければ生活に不自由することが多い点や、交通の利便性の低さをいかに補うかが課題になります。タイに移住する人のほとんどはバンコクに住んでいるというデータも存在します。

バンコクは投資意欲が旺盛で不動産価格も上昇傾向

タイの不動産価格はバンコク中心部が牽引していて、海外からの投資も多いのが特徴になっています。先進国と比べて割安でビザが取得しやすいことから移住する人も珍しくなく、物件を購入する、または賃貸を利用して年金収入で生活している人も多いのです。
条件を満たせば外国人でも不動産ローンを組めるのもポイントで、不動産投資のために物件が購入されるケースもあります。
ただし、バンコク中心部を外れると一気に生活の利便性や価格が低下するのも現実で、移住や投資を考えるのであれば頭に入れておきたいポイントになっているのです。

タイの不動産購入を考える場合、外国人には制限が多いことに理解が必要です。これは土地や一軒屋の購入ができないようになっていて、購入できるのはコンドミニアムやアパートに限られているためです。コンドミニアムも保有比率の制限を受けるケースがあり、投資目的で購入するのか自分で利用するのかもわけて考える必要があるのです。

外国人はタイの土地や一軒屋を購入できない

国によって不動産関連の法律は異なり、タイでは外国人は土地や一軒屋を購入できない点に注意が必要です。名義を借りて購入するのも違法な状態になり、購入できるのはコンドミニアムやアパートなどの集合住宅に限られるのです。
一方で、自分が居住するだけでなく、賃貸物件として利用する場合は特に問題がないケースも多く、投資が盛んな理由の一つにもなっています。
法律上の手続きはエージェント経由で処理するのが一般的で、時間とお金をかければ購入できることは多いのです。

日系のエージェントを利用して購入するのが一般的

タイの不動産購入は制限が多い!土地や一軒屋を外す必要がある!
タイの不動産を購入する場合は日系のエージェントを利用することが一般的です。これはタイのエージェントを利用しようとすると、現地の時間間隔や手続きの大らかさに翻弄される日本人が多いためです。予定通りに進めるという感覚が薄く、頻繁にコミュニケーションをとらなければ話が進まない場合があるのがタイの不動産事情です。
書類の不備などによるトラブルを防ぐためにも、日系のエージェントを利用した方がいいのです。
言質のエージェントなどを頼る場合はある程度の苦労や失敗を前提に織り込む必要があります。

購入のための資金証明が必要になる場合も

タイでコンドミニアムを購入する場合は、購入金額を上回る外貨を銀行に送り、銀行で外貨送金証明書の発行を受けなければならない場合があります。
資金力の証明がなければ物件自体が購入できないため、どれだけお金が必要かはしっかりと把握しておく必要があります。

現地でのチェックが必要なのは一般的な不動産の購入と同じ

タイで不動産を購入する場合は現地でのチェックも織り込む必要があります。不動産投資が活発な地域があるのがポイントで、事情が刻一刻と変わっていくためです。チェックをせずに購入すると思わぬ不便を強いられる場合や、他の物件と見劣りする部分がでる可能性もあります。
交通の便や買い物の便利さなども知っておかなければ生活に苦労するだけでなく、賃貸として貸し出した場合の入居率にも影響を受けます。
新築物件のプレセールをチェックして購入する、中古物件を購入するなど選択肢も多いため、実際に足を運びつつチェックをした方がいいのです。

支払いは何段階かに分かれる

タイの不動産購入は、購入をきめた際に1%の予約金を支払うのが一般的です。早めに予約をしないと売り切れてしまう人気物件もあるのも、現地で確認した方が良い理由になっています。ただし、事情があって解約する際も予約金は戻ってこないことがあるため、ある程度のリスクは知っておく必要があります。
物件購入の支払いは、新築の場合は2~3週以内に10~15%を支払い、更に数ヶ月以内に10~15%を追加、完成が近づいたら残金を支払うという形式が一般的です。
中古物件の場合は手付金を10~20%程度支払い、期日までに残金を支払うので非常にシンプルです

エージェントの存在が重要になる

タイで不動産を購入する場合は頼れるエージェントがいるかどうかでハードルが大きく変わります。
手続きも多いため、実績があるエージェントを頼るのが基本になるのです。

バンコクのアソークは、ショッピングセンターや高層オフィスビルが立ち並んでいるバンコクの中心的なエリアです。このエリアには、タイ人だけでなく外国人観光客なども多く、賑わっています。このアソークで不動産について考えるなら外国人が多いことから、

●バンコクのアソークは人気の一等地エリア

バンコクのアソークはバンコクの一等地で、BTSのアソーク駅とMRTスクンビット駅近辺の辺りのエリアで、いつも多くの人々でにぎわっています。このエリアにはターミナル21というオープンして間もないショッピングセンターをはじめ、ショッピングにもお薦めのお店がたくさんあり、平日休日問わず多くの人々が買い物を楽しんでいるエリアです。レストランやカフェなど食事やスイーツを楽しめる場所も多くあり、便利で人気があります。不動産投資を行う時にこのエリアは人気が高くておすすめです。

●不動産投資のポイントについて

バンコクのアソークは注目の一等地!物件を選ぶならおすすめ!
不動産投資で物件を購入する時に考えておくべきこととして挙げられるのが、貸し出す時にニーズがあるかどうかということと、買った時より高く売却できるかということです。そこで、これらの点についてご紹介したいと思います。

・貸し出す時にニーズがあるか?

不動産を投資を目的として購入する場合、賃貸に出した時に借りたい人がいることは大切です。そのためには、だれを対象に貸すのかということを考えておきましょう。アソークでコンドミニアムを借りたいという人は、日系企業で働く駐在員等に多いのです。そのため、そのエリアに住みたいと思う人は多いのかということやどんな物件が人気があるのかということなどを事前にチェックした上で物件を購入することが大切です。

・買った時よりも高く売却できるか?

投資目的で不動産を購入する場合、その不動産を買った時よりも高く売却できるのかどうかを事前に考えてみることも大切です。不動産として価値の上昇が期待できる優良物件を選ぶことが大切で、その不動産を売却した時に、購入時よりも価値が高くなりそうなものを選びましょう。
立地はそうした意味でも大切で、人々に人気が高いエリアにある物件の方が買いたいという人も多くいます。人気エリアは高めですが、売却する時にそれよりも高くなっていれば損をすることはないのです。そうした点で将来性がある物件を選ぶようにしましょう。

●まとめ

バンコクのアソークはショッピングを楽しめるところも多く、バンコクでも人気エリアの一つです。この場所に不動産をもつということは様々な点でメリットがあります。投資の成功を考えるなら、立地はとても重要なポイントです。アソークには新築物件なども計画されており、多くのコンドミニアムも建設されています。日本人にも注目度が高いアソークの物件には借りたいと言ったニーズも期待でき、利点が多いと言えます。良い物件選びを行いましょう!

タイは半袖で過ごせる温暖な気候で、世界中から観光客が訪れる観光地でもあります。日本からの直行便のアクセスもよく、人々も親しみやすい雰囲気があます。そんなタイでロングステイしたいという人や不動産投資をしたいといった人々に、不動産購入が注目されています。そこで、タイで不動産購入を行う際に知っておきたいポイントなどをご紹介しましょう。

●不動産をもつにはルールがある!

タイで不動産物件購入する時には知っておくべきポイントがある!
タイで不動産を所数したいという場合、まずは知っておくべきルールがあります。法律として定められている決まりを知っておくと言うことがタイでの不動産所有ではとても大事になります。

・法律のルール
まず、外国人がタイで不動産購入をする際に、いくつか規制があり、外国人は土地を購入することができないようになっています。ただし、コンドミニアムなら購入することができるので、物件を所有するという場合にはこうしたコンドミニアム物件を所有するということが前提になります。

・保有比率制限
さらに、このコンドミニアムは保有比率制限を受けることがあり、外国人がコンドミニアムを所有する場合、1棟のコンドミニアムに対し、購入面積の割合が外国人は49%、タイ人が51%とされている点に注意が必要です。外国人が直接所有をできない物件を購入したいからと言って、タイの現地人の名義貸しなどを通して購入するという方法などが思いつくかもしれませんが、こうしたことは法律に反するとされています。
このように、タイには物件購入に当たり、決められたルールがあるため、この点は購入前に知っておくことが大切です。

●できるだけ現地視察をしてインスペクションをしよう!

タイで物件こうにゅうを行うという場合、できるだけ自身の目で確かめてから購入することが大切なポイントになります。海外物件はその国にあるため、実際に確かめようと思うと現地まで出向く必要があり、コストが高くなるという点から現地視察などは行わすに購入したいという気持ちになることもあるでしょう。
特にバンコクでは、コンドミニアム建設がラッシュで、様々な魅力的な物件が建設されているのですが、図面だけだとどうしてもわからない現地物件の周辺環境など、その場所の雰囲気というのは実際に目で見てからでないとなかなか分からないものです。購入するに当たっては、本当に購入することが適切なのかをしっかり吟味する必要があります。また、新築コンドミニアムは予定地にギャラリーも併設されますので、実際の設備や内装もはっきりと確かめやすくなっています。日本よりもお得と言われても、安い買い物ではないため、翌自身の目で確かめて購入するようにしましょう。

●コンドミニアム物件は外国人でも簡単購入可能!

タイでは外国人の土地の所有はできないのですが、コンドミニアムは外国人も簡単な手続きで購入できます。販売会社の契約書にサインをし、外貨送金証明書を添えて販売会社に返送すればOKというシンプルな方法で手続きできます。不動産取得時の3%の所得費用や1m?あたり50バーツ前後の管理費などが必要ですが、投資用や移住用にコンドミニアム購入を考える人々も増加傾向にありますので、購入を検討する場合はまずはルールや注意点を知っておくようにしましょう。

タイの不動産賃貸は日本人向けの物件も多く、契約さえしてしまえば快適に過ごせる物件もあります。一方で、水道光熱費の感覚の違いや商習慣の違いには注意が必要で、トラブルになることもあります。
新築物件でも水周りのトラブルに注意が必要など、気をつけなければならない点も多いのです。

日本人向けの物件も多いのが特徴

タイの不動産賃貸
タイの不動産賃貸には日本人向けの物件が存在し、中にはメイドがついて家事も受け持ってくれるケースもあります。不動産業者も日系でやりとりも日本語で行えるなど、タイ語が余りわからなくても不自由しない場合もあるほどです。ただし、価格が安い不動産賃貸などを狙おうとすれば、日本語で対応してもらえる確率がどんどん低くなります。
格安物件などを狙う場合はタイ語でやりとりをしなければならないなど、ハードルがあがってしまうのです。

ほとんどの物件は一年契約で途中解約にペナルティがある

タイの不動産賃貸は貸主を保護する内容が多く盛りこまれていて、一年ごとの契約になっていることが一般的です。貸主の権利を保護するために途中解約でペナルティがあるなど日本とは常識が違う面があることに注意が必要です。
そのため、最初の物件選びに力を入れた方が良く、トラブルがあったからとすぐに住み替えようとしても違約金などで出費がかさむケースがあるのです。
礼金はないものの保証金として家賃2ヶ月分のデポジットが必要ですが、何らかの理由をつけて返してもらえないケースも多々あります。

タイの新築賃貸は油断ができない

日本の常識では新築物件の方が信頼できるイメージがありますが、高じの基準などが異なるタイでは新築物件でトラブルが発生することもあります。水道の水圧が十分か、排水がしっかりとしているかという水周りのチェックは必須で、エアコンの排水漏れなどがないかもチェックしておく必要があるのです。
また、熱帯のタイでは新築物件でもシロアリが出る場合があります。部屋の中に木屑などがたまっていた場合は注意が必要で、早めに対処が必要です。
日本語でやりとりができる不動産オーナーや管理人出なければ自分で対処しなければならない範囲が増えるため、尚更気をつける必要があります。

電気周りや家電などのトラブルも多いため注意

タイの家電は日本性のものよりも品質が低く、エアコンも1年後とのメンテナンスが必要など機能の水準が変わります。メイドや管理会社がメンテナンスをしてくれない場合は自分である程度メンテナンスをしないと不満がたまりやすくなります。また、格安物件のアパートに住んだら電気料金の請求が高すぎて驚くといったケースもあります。
アパートの契約は電気料金にさまざまな手数料や利益が上乗せされて請求されることも珍しくないため、思わぬ出費になることもあるのです。
また、格安アパートなどになるとセキュリティなども甘く、自衛をしないと空き巣などのトラブルに巻き込まれやすくなります。
費用を安くしようとするほど、トラブルにあいやすくなるのがタイの不動産賃貸なのです。

海外ではスリに注意、スリ対策におすすめのバックを紹介

タイで不動産投資を行うという場合、購入物件が投資対象として良好なものかどうかをよく検討してから購入するということが大切です。タイは昨今の投資ニーズの高まりで、たくさんの不動産開発が行われ、様々な場所で多彩な物件が増えてきています。その中で当誌に適した物件を選ぶ必要があるのです。そこで、タイで不動産投資を行う場合、どのような物件を選ぶのがいいのかという点や購入後の注意点、そしておすすめのエリアについてご紹介します。

●物件を選ぶ時には都心エリアの物件を選んでみよう

タイの不動産投資は都心エリアはおすすめ!人気エリアを選ぼう!
タイの不動産用の投資物件は色々あり、都心に立地しているものから郊外に建てられているもの、大型の物件から小規模物件など様々です。
その中でおすすめなのが、都心にある物件です。一般的に都心物件は価格が高めで購入するには迷ってしまうかもしれません。しかし、都心物件は賃貸ニーズが高く、売却する際も買い手が比較的見つかりやすいと言ったメリットがあります。そのため、物件を選ぶ場合はできるだけ都心にあるものを選ぶ方が初めてタイで不動産投資を行うといった場合などにはおすすめです。

●購入後の管理も注意ポイント

日本に住みながらタイで投資用不動産を購入し、そのまま日本にいながら管理していくという場合、良きパートナーとなる現地の管理会社を見つけることが大切です。賃貸住宅として貸し出す場合、どんなに素晴らしい物件も、借りたいという人がいなければ投資でメリットを得ることができません。
また、人には貸さず自身がタイを訪れた時にステイするために物件所有を行う時には、やはり定期的なメンテナンスや清掃を行ってもらうことは必要なことでもあります。したがって、タイで物件購入を行った場合は、物件を良い状態で管理してもらえる管理会社を見つけることが、不動産資産を長持ちさせるうえで大切です。

●タイでの不動産を購入におすすめのエリア

タイには不動産物件を購入するのにおすすめのエリアがあります。そこで、その中からいくつかご紹介しましょう。

・国際都市、首都バンコク

タイで不動産購入を行う場合、やはり首都バンコクエリアにある物件はとてもおすすめです。バンコクは観光や経済等の中心地でもあり、多くの人口があり、外国人の人口も多く、日本人も多く住んでいる街です。そのため不動産へのニーズも高くあります。したがって、初心者でタイで投資用物件を購入したいという場合には、まずはバンコクにある物件を選ぶということはおすすめです。

・日本人街がある街シラチャ

シラチャは首都バンコクから車で約2時間等距離にある小規模街ですが、この街は世界有数の日本人街があるエリアとして知られています。農業と工業が盛んな街で、日系企業の進出で多くの日本人が住んでいますので、投資物件を所有するのにはおすすめの街です。

・世界有数のリゾート地、プーケット

プーケットは毎年多くの外国人などが海外から訪れる世界有数のリゾート地です。プーケットはタイ最大の島で、美しいビーチやンにぎわいのあるショッピングセンター、マリンスポーツやエンターテイメント施設などもあり、ゴルフも楽しむことができます。ビーチに近いほど高いニーズがあり、タウンライフを満喫することができます。

海外旅行で人気のバックパック!選び方も紹介

世界有数の観光地として知られるタイは、日本人にも旅行先として人気の高い国です。
現在のタイはコンドミニアムの建設が加速しており、生活利便性の高まりからタイの不動産に興味を持つ日本人も増えています。
居住用に購入を考える人もいれば、投資目的の人もいます。
海外の法制度下にある不動産を購入する場合は、綿密な調査と検討が極めて重要です。
タイでは原則として外国人が土地を購入することはできませんが、コンドミニアムであれば購入可能です。
但し、保有比率には制限があり、実際の購入には資金源の証明が必要になります。
物件選びの主なステップは、以下の通りです。

・ステップ1(仲介業者の選択)

開発が進むタイの不動産は、日本人にとっても魅力ある物件
物件選びに重要なのは、最適な仲介業者を選択することです。
特に海外物件の場合は日本の商習慣とは違うため、現地の不動産を熟知した仲介業者を探す必要があります。
日本国内にはタイの不動産を取り扱っている仲介業者が複数存在します。
不動産購入に関しては仲介業者と綿密な打ち合わせをする必要があるため、自分にとって利用しやすい業者を選ぶことが大切です。

・ステップ2(現地視察と物件選択)

タイ現地に赴き視察することは非常に重要です。
話を聞いているだけでは掴み切れない現地の状況が、実際に自分の目で確かめることで明らかになる場合が多いです。
居住用か投資用かで、選択する物件に違いもあります。
居住用であればあくまで自分が住むという視点からのみ、物件選択を考えていけばいいでしょう。
しかし投資用であれば、多くの人が住みたいと考える物件でなければ目的を果たすことができません。
仲介業者に依頼して現地視察を行い、交通アクセスや生活利便性などの様々な周辺情報を確認することが大切です。
物件の内覧も必要ですが、タイの新築物件では完成前に売り出しを開始するケースが一般的です。
ギャラリー内で完成予定物件の詳細が把握できるため、利用するといいでしょう。
購入価格は、生活利便性の高いエリアや面積の広い物件では価格帯が高くなります。

・ステップ3(予約金支払いと売買契約)

適切な物件が見つかれば、まず予約金を支払う必要があります。
新築物件の場合には、予約金は購入価格の1%程度であり、現金かクレジットカードでの支払いです。
現金支払いの場合はタイバーツが必要です。
解約した場合の返金はできないケースが多いため注意が必要です。
予約が完了すれば、その後は売買契約の手続きになります。
契約書についてはタイ語や英語になるため、誤解が生じないように仲介業者に内容をしっかり確認しておくことが大切です。
この時に、仲介業者に対して仲介料を支払うことになります。
また、頭金として物件価格の10%~20%程度の支払いも必要になることが多いです。
支払いに関しては、日本からタイの自分の口座へ現金を送金し、タイバーツに交換する必要があります。
送金先銀行で受け取る「外貨送金証明書」は、外国人がコンドミニアムの購入をしたことを証明する重要な書類になります。

・ステップ4(物件の引き渡し)

登記移転を終えた後は、実際に物件の引き渡しになります。
引き渡し前の検査において、物件に欠陥状況がないかどうかのチェックが行われます。
完成後に不具合が生じることもあるため、この時点でのチェックは念入りに行う必要があります。
万が一物件に不具合があれば、業者に修繕を促します。
タイの物件の場合はチェックにかかる時間を多く取る必要もあるため、実際に住み始めるまでには一定の時間がかかるケースもあります。

スクンビットはバンコクの日本人街

タイの首都バンコクのスクンビット地区は日本人街と呼ばれるほど日本人が多く住むエリアです。タイの現地駐在員を中心に多くの日本人が暮らしており、バンコクに住む日本人のほとんどがスクンビットに済んでいると言ってもいいほどです。近年は急速に発展が進んでいることもあって不動産投資先としても注目を集めているスクンビットですが、不動産事情はどうなっているのでしょうか。

物件はアッパーミドルから高級コンドミニアムが多い

日本人に人気のエリア!タイのスクンビットの不動産購入事情を解説

スクンビットはバンコクの中でも高級住宅街として知られるエリアです。購入候補となる不動産物件は日本でいうところのタワーマンションに相当するコンドミニアムや高級マンションが中心になります。安価なアパート物件もありますが外国人が購入する不動産としては高級物件が中心です。
スクンビットは位置的にバンコク中心街からやや離れていますが、バンコクの工業団地に近いこともあり大企業に勤務するハイクラスのビジネスマンに人気のエリアです。タイの経済発展に比例するようにバンコクの不動産相場は上昇の一途をたどっていますがスクンビットも例外ではありません。スクンビットの不動産購入者の約4分の1が街区黒人を占めていることもあり、底堅い需要がエリア全体の不動産価格を押し上げる要因となっています。

価格目安は平米あたり100,000バーツから

スクンビットの不動産価格は中の上クラスで平米あたり100,000バーツ、日本円に換算すると36万円がおおよその相場です。スクンビットは高級物件が中心なので相場はもう少し高く平米あたり150,000~200,000バーツの物件が人気の中心です。
バンコクの土地価格はここ数年に渡り毎年10%を超える大幅上昇を続けています。2018年は30%以上値上がりした地域も見られ、スクンビット地区も例外ではありません。土地価格高騰の影響を受けて新築物件を中心に不動産価格は急騰と言ってもいいほどの高騰を見せています。50平米で3,000,000バーツを超える高級コンドミニアムの建設も相次いでいますが完成前の段階で完売してしまうほど不動産市場は過熱気味です。

スクンビットの不動産相場は底堅い

不動産建設ラッシュのあおりを受ける形でバンコク市内でも交通利便性の低い不人気物件を中心に価格が下落する動きも見られますが影響は一部にとどまります。スクンビットはBTSスクンビット線による高い交通利便性とイオンシラチャを中心としたショッピングモールの生活利便性が評価されているため不動産相場は上昇を続けています。

築15年以上で駅徒歩10分以上が狙い目

スクンビットでお手頃の物件を探すなら築15年以上で駅徒歩10分以上のコンドミニアムが狙い目です。開発初期建設されたコンドミニアムは新たに建設が進む高級コンドミニアムに人気が移りつつあることで全体の不動産価格が上昇する中で相対的に価格が抑えられています。スクンビットではBTSを中心とした交通利便性を重視して物件を選ぶ人が多く、駅徒歩10分以上の物件は相場がワンランク下がります。
築15年と言ってももともと高級コンドミニアムとして建設された建物なので済むのに問題はありません。駅までも距離も10分なら無理なく通える範囲ですし、歩くのが面倒ならタイの日常の足として利用されているバイクタクシーを使うという手もあります。今後駅周辺の再開発が一段落すれば駅から離れたエリアの物件が再評価される可能性は高く、居住用としても投資用としても魅力ある物件です。

●コンドミニアムって?

コンドミニアムとは、ホテルとは違い自分で好きな時に食事を作ったり、好きな時に外出できたりと自由度の高い部屋になります。特徴的なのは、広いリビングや開放的なキッチン、プールやジムなどまるでホテル並の快適さも備えていることです。
旅行で一時的に滞在したり、分譲賃貸として使用する方法があります。世界各国に存在していますが、特にタイではセキュリティや価格の面でも現実的なので、ぜひご紹介していきたいと思います。

●どんな人におすすめ?

自分だけの別荘~タイのコンドミニアム~
1.現地を堪能したい方
現地のスーパーで食材を買ってそれを調理する、まさにタイの国民のように過ごしたい人には特におすすめです。一般の人々の暮らしを身近に味わうことができ、バンコクそのものの雰囲気を存分に楽しめます。

2.長期滞在したい方
長期滞在をしたい方はぜひコンドミニアムがいいと思います。ホテルだと費用が高くなってしまい、存分に満喫することができないかもしれません。料理に関しても自炊をすることで、現地の食材を使って工夫できる楽しみがあります。しかし、2泊3日など短期の滞在の場合はホテルの方が良いでしょう。

3.大人数で旅行したい方
大人数で泊まる時にも、有効に使うことができます。ホテルでは1人いくらと言う値段設定ですが、コンドミニアムでは広い部屋に多くの人数が止まっても値段も変わりません。料金を気にすることなく気兼ねなく過ごせるのもいいですね。さらにホテルでは、暗黙の必須となっているチップも支払う必要がありません。自分が借りた家だと思ってくつろぐことができます。

●コンドミニアムの種類

大きく分けて、個人のオーナーが経営しているコンドミニアムとコンドミニアム専門の業者が行っている2種類があります。専門の業者が扱っているものは通常のホテルのようでスタッフも多くいるため安心できる面もあります。
個人で貸しているコンドミニアムは、大手サイトのインターネットでは見つけにくく探す手間が入りますが価格が安く滞在しやすいと言うメリットもあります。
経営者にも現地の人と日本人関係者の人に分かれています。トラブルが起きたときスムーズに解決するため、できるだけ日本人が経営しているコンドミニアムの方か良いかもしれません。タイ語が通じにくく、解決に時間がかかりせっかくの旅行が台無しにならないように色々情報を調べてから予約しましょう。

●タイのおすすめの場所は?

都心から徒歩10分ほどのオンヌットがおすすめです。屋台が多く立ち並び、歩いていると目移りしてしまうほど様々なものが販売されています。バンコクの雰囲気を最も味わえて心地が良いと国内でも有名です。やすさを重視するならビクトリーモニュメントと言う街もおすすめです。ゆっくりとバンコクを満喫したい方向けで、コンドミニアムとして借りるには賃貸の50%ほどで済む物件も多くあります。

●タイは魅力溢れた国

タイは比較的緩やかですが経済成長もし続けており、不動産や観光業も安定している国の1つです。年3%を超える成長率で、バスの路線がおおいなどインフラも充実しています。何より「世界一の親日国」なのでその点でも安心することができます。現在では若い人を中心に英語を話せる人が増加しているので、コミュニケーションも取りやすくなっているようです。また日本のブランドも現地では人気が高く、ビジネスがしやすい国として日本で高く評価されています。
タイには大きな自然と、発展された都市という2つの面があり、それぞれに独自の魅力がありますのでぜひ観光を楽しんでみましょう。

革の表情

タイ不動産購入手順①

タイでは外国人が土地を購入することはできないので、ここでいう不動産とはコンドミニアムのことを指します。
日本人がタイで不動産を購入するには、まずタイの不動産を扱っているエージェントと連絡を取る必要があります。タイ現地のエージェントと日本のエージェントがいますが、タイ現地のエージェントは日本の商取引の慣習とは大きく異なることもあるので、海外不動産の購入に不慣れな日本人の場合は日本のエージェントを選んだ方が無難です。

タイ不動産購入手順②

日本人がタイで不動産を購入する手順を紹介

エージェントが決まったら内見を申し込んで現地視察をします。図面や書類の情報だけでなく、実際にコンドミニアムの内装や設備を自分の目で確かめていきます。

タイ不動産購入手順③

複数の物件を内見したら購入物件を選定します。個人によって居住用か賃貸用か、新築か中古か、価格帯などの違いがありますが、ピッタリの物件が見つかれば購入手続きに入ります。

タイ不動産購入手順④

物件を購入するには予約が必要です。予約に必要な情報を記入し予約金を支払います。予約金は一般的に購入価格の1%ぐらいで、基本は現金払いですが、クレジットカードが使える場合もあります。

タイ不動産購入手順⑤

予約が完了したら予約金以外の分割払い方法を決めると共に契約書の交付・署名を行います。契約書はタイ語ですが、英語訳が付いていることもあります。この時点でエージェントにコンサルティング料金を支払うことになります。

タイ不動産購入手順⑥

新築物件の場合、残金の10~15%ぐらいを予約完了後2週間~1か月以内に支払わなければなりません。その数か月後までにさらに10~15%ぐらいの支払いが必要になることもあります。物件が完成する3ヶ月ぐらい前になると残りの60~80%を全て支払います。それと同時に修繕積立金や共益費などの諸費用を支払うこともあります。
中古物件の場合はまず10~20%ぐらいの手付金が必要になり、契約完了後の期日までに残りの全額を支払います。

タイ不動産購入手順⑦

購入が完了したら登記を移転します。移転には土地局に収める登記費用がかかります。新築物件の場合は購入価格か評価額の2%ぐらいを、通常デベロッパーと折半して支払います。中古物件の場合は売主が全額負担してくれることが多いです。

タイ不動産購入手順⑧

登記が完了すると引き渡しが行われますが、その前に立ち入り検査が行われて瑕疵がないか確認されます。立ち入り検査に問題がなければ鍵が渡されて引き渡しも完了です。以上で全ての購入手順が終了です。

革バックはバナナの皮と消しゴムでお手入れ

タイの不動事情についてですが、今はタイでは不動投資が白熱していると言われていて、今では、アジアの中でも、タイは、不動投資ブームがているといえるでしょう。

加熱態となっているタイの不動事情ですが、なぜこれほどまでにタイでは不動投資ブームがているのでしょうか。

まず、2010年ごろから現代までに至り、バンコクは急激に発展しているといえるでしょう。

今となれば、東南アジアの中心的な存在として知られています。

光都市としても人のタイバンコクですが、一時期は政情不安もありましたし、洪水などの自然災害も多いことから、日系企業はタイにおける点を集中させることに不安を感じていることが多かったです。

しかし、結局の所、タイを超える投資の候補地はそれほどなく、東南アジアでも、非常に魅力的な不動投資先であるといえるでしょう。

不動産投資で注目をされている。

タイの不動産事情

諸外国においても、タイを投資先として、見ているところが多いですし、さらに今は経済発展のまっただ中であり、タイ人の就職先がいくつもあり失業率は、1%を2011年から切っている態なのです。

そういったこともあり、タイの不動の事情としては、投資ブームが止まらなくなっているといえるでしょう。

バンコクには、オフィスビル、そしてコンドミアムなどが立しており、高層のコンドミアムなどは、坪単価が非常に高い不動物件もあります。

それでも飛ぶように売れているため、投資家や、ビジネスマンが不動売買に目を付けることが多くなっています。

そんな、バンコクの不動売買で利益を上げることが出ると言われている、人のエリアがあります。

それは、高架電車である、スカイトレインが走っている、スクムビット通りのエリアです。

こちらのエリアは、多くの人に今現在注目をされているエリアであり、自分の住まいとして購入する方も非常に多いです。

また、老後の移住のために購入をするという高齢者の方も多いです。

しかし、タイの不動の事情として、エリアごとにかなりの費用の差があります。

たとえは、同じ人エリアでも一つ路地が違うだけで、全く格や価値などがわってくるので、このあたりををつける必要があります。

しかし、タイの不動は、人のエリアの新築物件になると、コンドミアムや、賃貸であったとしても、あっという間に完売してしまうことが多く、ハイパークラスの富裕層でしか手を出すことが出ないこともえているのです。

今現在、バンコクでは、コンドミニアムの建設ラッシュがいているといえるでしょう。コンドの建築ラッシュはバンコクであり、特に東南アジアでも、白熱しているといえるでしょう。

特に高架鉄道システム沿いの都市部においては、近年において、投資向けのコンドミニアム物件が々と建設されているのが現です。

こちらの物件ですが、主に転売目的として購入する方も居れば、家賃入を目的として、購入する方も居ます。

しかし、主にコンドミニアムに関しては、バンコク中心部では、外国駐在員に人となっています。

バンコク でコンドミニアムが建築ラッシュ

コンドの建築ラッシュはバンコク

コンドミニアムの建設ラッシュが起こっているタイのバンコクでは、こちらの中心地の物件は、このように外国駐在員を主に象として、投資用に購入されることが多いといえるでしょう。

不動の売買によるキャピタルゲインを目的とするケース、あるいは、賃貸でのインカムを目的としているケースがあります。

さらに、タイのコンドミニアムは、日本人の投資家も購入しやすいがあり、多の方が、バンコクの物件を所有しています。

そして、現地の日系の企業の駐在員に、部屋を貸すことで、投資が成功しているといえるでしょう。

バンコクでは、このような投資が成功すると、かなりの利回りを受け取ることが出るのです。

タイのバンコクのコンドミニアムで、をつけなければならないのが、水回りなどに関してです。

タイのコンドミニアムに関しては、水回りなどにトラブルが多いので、修理などでトラブルが起きることが多いです。

しかし、日本人同士ならば、対応などもスムーズですので、日本人オーナーの物件は、人が高くなっています。

さらに、バンコクでもコンドミニアムで人のエリアが、BTSが近いエリアです。

こちらのエリアが人の理由として、バンコクは、都市でもあるため、BTSが近い場合、利便性が高く、通勤や移動などがスムーズで便利であることから選ばれることがえています。

バンコクでも、主にBTS沿いを中心として、コンドミニアム建設が進められています。

さらに、近年では、高級コンドミニアムと呼ばれるようなコンドミニアムにも需要があります。たとえば、高級となると、24時間警備がついていて、さらにはフィットネス、プール付きであることが多いです。

タイは経済成長率も著しく、こういった高級コンドミニアムでも需要が多く、発売と同時に、即完売してしまうというケースも少なくありません。