不動投資と聞くと稼げるとか良い点ばかりが目立ちますが、中には失敗する人もいることを忘れてはいけません。

ここでは不動投資に失敗しない為にしておくべきことをご紹介します。

これは初心者に言えることですが、最初に門用語を一つずつえていくことが重要です。

不動業界ならではの抵、ノンリコースローン、表面利回りなどの用語が多く存在します。

宅地建物取引士の資格を持っている人なら心配ありませんが、初めて投資を行う場合には、これらの門用語の勉強しておくことは必須となります。

ローンなどの金利制度の仕組み

不動産投資に失敗しない為にやっておくべきこと

次に知っておくべきことは、ローンなどの金利制度の仕組みです。

現金一括で不動を購入する場合を除き、銀行などから借り入れをしてローンを組んで投資することになります。

海外不動投資の場合は、その国の制度について調べる必要があります。

現地の不動エージェントなら詳しく知っていますので、細かい点まで尋ねておくことが大切です。

そして、利益が発生したときにわななければならないのが金です。

インカムゲインやキャピタルゲインがいくら発生しても金が高ければ、引き後の利益は少なくなります。

利回りばかりにを取られるのではなく、投資をする際にはこの制も詳しく調べておく必要があります。

実際に物件を下見には、不動を紹介してくれるエージェントと一緒に回ることになりますが、ありとあらゆる点を確認する必要があります。

装や耐用年から設備の老朽化までチェックしておかないと、購入後にクレームを入れても手れになるからです。

下見でチェックし忘れた点があれば、後から一人で見に行くこともさない悟が必要です。

また欠かせないのが周辺相場の把握です。

周辺の物件相場と比較して、安すぎても高すぎてもおかしいと感じる必要があります。

あまりに相場とかけ離れている場合は理由があるはずですので、不動エージェントに尋ねることです。

もしここで納得のいく答えを得られない場合は、怪しいと判するのが妥です。

どの不動エージェントも予想利回りをアピールしていますが、既に入居者がいる場合を除いて実際の利回りとは異なるので注意が必要です。

都心部にあるなどの立地条件が良くない限り、すぐには入居者が見つからないと考えておいて予想利回りを計算するのが堅実なやり方となります。

最後に大事なのが管理会社の選定です。

不動を購入するとメンテナンスの義務が発生します。

そこで管理会社を利用することになりますが、会社によってそのサービスのレベルが異なります。

格で決めるのではなく、きちんと評判を確認したり、仕事への姿勢を確認することが重要です。

マイホーム購入の失敗しないコツ

不動産というのは、とても大きな買い物であるという事は、周知の事実なのではないでしょうか。

くれぐれも不動産を適当に買ってしまうなんていう事は絶対にしないようにしましょう。

不動産を購入するに当たり、失敗しないコツをご紹介していきます。

まず、不動産購入の際に一番大切な事は、良い不動産屋さんを選ぶという事です。

もちろん不動産業者さんの中にも仲介手数料目当てで、会社にとって利益の出る物件ばかりを紹介する会社も御座います。

そのようなお客様目線ではなく、不動産屋さんの利益目線の会社を選んでしまうと、高いお金を出して後悔をしてしまう可能性が大きくなります。

そうなってしまわないようにも、きちんと信頼でき親身になってくれるような不動産屋選びというのはとても大切になります。

不動産会社を選ぶポイント

物件購入のコツ

では、どのようにしたら良い不動産屋を選ぶ事ができるのか、という事をご説明したいと思います。

まずは、知人などで実際に物件を購入した方の意見を良く聞きましょう。

一度購入経験のある方ならば、どこの不動産屋は親切で良い物件の情報を持っていたなど明確な意見を得られます。

まず第一に大切な事は経験者からの口コミ情報。

これらに注目をして、情報収集をしましょう。

これなら失敗が非常に少ないですし、簡単な方法になる為、おすすめ出来ます。

二つ目の方法として、ウェブサイトなどで評判の良い不動産業者を見つける事です。

現在はインターネットを使えばある程度の口コミ情報を得る事ができます。

口コミ不動産サイトでは良い不動産業者の情報も豊富に書かれており、とても参考になる事でしょう。

三つ目の情報収集として、実際に不動産業者のオフィスに出向く事です。

ある程度の情報を知人やウェブサイトで収集したら実際に会社のオフィスに出向いてみましょう。

つまり自分の足でも調べるという事です。

業者へ問い合わせをする時に電話だけだと相手も本当に購入を考えているのかどうか信用をしてもらえません。

営業の方にもしっかり信用をしてもらう為にも、ウェブサイトや電話だけでなく、実際にお店に足を運び、営業の方と対面をし、本当に自分が購入を真剣に考えていると相手に伝えましょう。

良い物件の紹介をしてもらう為には相手の営業さんにも本気になってもらう事で優良な情報を得る事ができるのです。

こういった努力をする事で、購入する上でとっても大事になってきます。

その結果良い不動産物件を購入する事が出来るのではないでしょうか。

今後不動産購入を行なう時に是非役立ててみてください。

大手の不動産会社って?

不動産業者の選択というのは、不動産購入という部分で重要なポイントとなります。

勿論大手の方が買いやすくなっており、色々な不動産を提供してくれます。もし不動産業者選びに困っているのであれば、大手から選ぶ事も良いでしょう。

大手を選べば選択肢が多くなりますし、見学なども簡単に行えるので楽になります。

大手の場合は全国に拠点を持っていることが多いため、遠方でも対応してくれるというメリットがあります。

そして数々の物件を提供してくれるので、自分が希望している物件に近いものを見せてくれることがあります。

ネットワークも強力で、様々な中小業者との接点も持っています。

大手の業者だけではカバーできない所も、そうした業者に依頼してしっかりと手助けしてくれます。
購入という部分でも強みを持っています。必要な書類については速やかに仕上げ、更に早い段階で売買手続きを行ってくれます。

大手のネットワークで交渉にも強い

大手の業者は購入し易い?

購入する場合、現在所有している方との兼ね合いというのも大切ですが、その対策についてもしっかりと行っています。

交渉という部分でもある程度強みを持っており、自分の負担を軽減してくれるというのはいいことだと思います。

大手ほどネットワークの強さ、そして交渉力というものを持ち合わせています。

意外と安い物件から高い物件まで様々な物が用意されているので、予算を持っていない方でも安心して利用できます。

建売って何?

また、大手の業者の場合、建て売りを行っている事が多いのです。

建て売りとはなんでしょうか?

建て売りとは、業者が土地を購入しその土地の上に建物を建築して、一戸建ての土地付き物件としてお客様に販売を行う事で御座います。

主に大手の業者が行っており、新築で販売されている事が多いです。

集合住宅のように、一カ所に密集をして、ひとづつ切り売りという形で販売されている事も多く、このようなケースは販売価格が比較的お手頃になるケースが多いです。

大手ではよく建て売り住宅の販売会や展示会などを多くおこなっているので、そのような会場に足を運び、値段や家の質などを確認するのも良いでしょう。

住まいの大切さ

住居は生きていくうえで、とても重要な問題です。

住まいは人生の大部分を過ごす大切な場所であり、どのようなところで住むかによって、人生が変わるといっても過言ではありません。

それでは不動産を購入するか、賃貸物件を借りるかでは、どちらのほうがメリットがあるのでしょうか。

ライフプランを立てやすい

物件購入によるメリット

不動産を購入する場合、デメリットとして挙げられるのは住宅ローンの負担です。

不動産を購入すると、高額な住宅ローンを長期にわたって支払う必要があり、家計の負担が重いと言われます。

例えば、収入に対して高額な物件を購入したり、毎月高額な住宅ローンを組んだ場合は、確かに負担が重く、支払い続けるのが難しいケースもあるでしょう。

しかし実際には住宅ローンには厳格な審査があります。年収や世帯主の年齢などが審査され、ローンの支払いが厳しいと判断された場合は審査が通らない場合がほとんどです。

逆に言えば、審査に通る物件は毎月の支払いに問題がないと判断されたということになります。

今現在、銀行は0金利政策が打ち出された事によって、日本銀行に預け入れる事にメリットがなくなりました。

銀行としては、顧客向けに融資をしたい現状となっており、現在は低金利で住宅ローンを組む事が出来ます。

このような低金利ローンが組める事により、より住宅購入をする事が簡単になるでしょう。
また、賃貸物件の場合、家賃の支払いは一生涯続きます。

住み替えが簡単にできるなどのメリットもある賃貸ですが、高齢になると賃貸契約の更新が難しいケースもあります。

不動産を購入した場合、住宅ローンの支払いが長期間続きますが、資金の余裕があるタイミングで繰り上げ返済などを繰り返せば、完済期間をぐっと短くすることができ、負担を軽くすることができます。

その後は資産として活用したり、長く住み続けたりができ、ライフプランを立てやすいことが最大のメリットです。

この低金利政策の今、銀行からの借り入れが簡単になっていますね。

このようなシステムを多いに活用するべきです。

国外でも物件購入が可能

日本だけではなく海外でも不動産の価値はあり、海外の不動産に目をつけている方も多くいます。
海外の不動産になぜ注目している人が多いのか海外不動産のおすすめの国とその理由について紹介していきたいと思います。
海外はいろんな国があり、どの不動産が良いのか分からないことも多いですが、とりわけアジアが不動産でも注目されています。
理由はアジアの国々で経済成長をしているところところが多く、不動産の価値も高くなってきているからです。しかし、外国人が海外の不動産を購入、または投資するのにはいくつかのポイントがあります。
例えば中国も経済成長を続けている国で不動産物資も価値が高まってきています。

価値が上昇する

経済成長が上昇しているところは不動産の価値も高くなり、日本の不動産よりも高くなるので投資にもおすすめと言えます。
海外で不動産の価値が高まるもう一つのポイントは治安が良いのか悪いのかです。
治安が悪いと政治も不安定ということになり、経済も落ちてくるということになります。
経済が落ちれば、不動産の価値も下がります。政治の治安が安定しているならば、経済成長の点で不動産の価値は高くなっていくのでこの点も注意しておくと良いと思います。
さらにもう一つのポイントは外国人でも土地の購入ができるのかどうかです。
海外でもとりわけアジアは外国人に土地を購入、または投資することを嫌う傾向にあります。
建物の投資や購入は許可されても、土地となると簡単ではありません。土地が購入できなければ投資において難しい部分も出てきます。
そのため海外不動産では経済成長、政治の治安、外国人の土地購入がポイントになります。
この3つのポイントを全て受け入れている国は少ないですが、アジアでもあります。
それはマレーシアです。アジアのどの国も最後の外国人の土地購入ができないことが多いですが、マレーシアではアジアはでもそれが可能です。
そのためマレーシアの経済成長を見ながら、不動産を購入、もしくは投資していくと利益も出やすくなります。
経済成長という点では弱い部分もあるかもしれないと思うかもしれませんが、土地の値段自体もそこまで高くないということなので、今後発展を見越して投資しておくと後に多くの利益を得られるかもしれません。
もちろんマレーシアやアジア以外でも多くの国の不動産の投資から利益を得ることはできます。
この記事が海外不動産について考える人の参考になれば良いと思います。

海外でリュックを推奨する理由について

仲介手数料って?

今まで賃貸しか借りたことがなかったので、不動産を購入する場合にかかる仲介手数料も、かかっても十数万円くらいだと思っていました。

ところが何十万、何百万もするとは思いませんでした。
売買価格の3%+6万円にさらに消費税という計算方法。
3000万円くらいの物件では100万円を超えてしまうのです。

正直、高いと感じます。
しかし、考え方によっては、これは安いのかもしれません。

仲介手数料のかかる物件というのは、売主とは別に不動産会社の入る契約です。
素人の身で不動産という高額商品の買い物をするとなると、売主のいいなりになってしまいそうです。

そこで、アドバイスをしてくれる専門家を雇うという考えから、仲介手数料という報酬の存在意義があるわけです。

例えば、仲介手数料のかからない不動産購入というと、売主から直接買い受けるという契約です。

新築マンションや新築戸建など一般的でしょう。

気をつける点

購入にかかる仲介手数料とは?

それを売るセールスマンたちは売らなければ食っていけないのですから、手八丁口八丁、売り込んできます。
もちろん、宅建業法を順守しているセールスマンがほとんどですから、詐欺師のように見てしまうのは間違いです。

しかし、業法に違反しないすれすれのグレーゾーンのようなところでは、やはり自社寄りの都合の良いセールストークをしてくる可能性はあります。

仲介業者が入っていれば、中立のような立場でアドバイスをしてくれます。
売主側寄りの内容で買主に不利な取引をしてしまった場合、仲介業者にも損害賠償や行政処分などのペナルティが科せられるのです。

それは100万円くらいの手数料では賄えないくらい大きな事です。
だから仲介業者は顧客にマイナスになるような取引には応じないという、買主側と利害一致した専門家ということになります。

それでも何十万、数百万とかかる手数料は必要経費ではあっても一般人にとっては「高額」ですよね。

それだけの報酬を支払うに値する不動産会社へお願いしたいところです。

 

費用がかさむ手数料

不動産を購入する時は不動産会社から仲介を受けるのが一般的です。

不動産会社では売主様が依頼された不動産をホームページや新聞のチラシなどで宣伝して買主様を探します。

買主様が見つかり次第、不動産会社に仲介手数料をお支払いして不動産の売買が成立します。

買主様と売主様の両方から仲介手数料を頂くことを不動産業界では両手と呼んでいます。

この時の仲介手数料は宅建業法により上限が定められており、この上限の範囲で不動産会社によってまちまちです。

一般的な仲介手数料の相場は、物件価格の3%+6万円+消費税であることが多いです。
高額な物件ほど仲介手数料の負担が大きくなり、物件価格によっては車一台買えるほどになってしまいます。

仲介手数料無料を探す

仲介手数料無料に注目

そんな負担の大きい仲介手数料を無料にする方法があります。

それは仲介手数料を無料でサービスしている不動産会社から仲介を受けることです。

最近では仲介手数料を無料にしている不動産会社が意外と多いのです。

仲介手数料を無料にしてどこで利益を得ているのか気になる方は多いでしょうが、
売主様からのみ仲介手数料を頂いて、買主様には無料でサービスしているために利益はきちんと出ています。

不動産会社としては片手より両手のほうが2倍の仲介手数料が入るので、出来れば両手にしたい所ですが経営努力などで片手でサービスできるようにしています。

不動産の買主様としては大きな仲介手数料を節約することが出来て大変お得です。

節約できた分で住宅設備のグレードをアップしたり引っ越し費用に充てることが可能です。