不動産投資信託には国内の商品と海外の商品があります。不動産投資信託にチャレンジするとして、どちらを選ぶべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そこで、不動産投資信託の国内と海外の違いについて解説しましょう。

1.国内の不動産投資信託の特徴

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

もともとアメリカで生まれた不動産投資信託を日本の法律に適した形で運用しているのが国内不動産投資の特徴です。「J-REIT」と呼ばれていて、さまざまな物件を運用しています。2001年に日本で運用されるようになり、現在は数多くの会社がJ-REITを取り扱っていて、証券取引所に上場している会社はたくさんあるのです。

 

J-REITは高い利回りを実現することができます。その理由の1つが導管性です。J-REITは法人税を課税される前の段階で分配金を投資家に支払うことができます。これによって利回りを高くすることに成功していて、J-REITは注目されているのです。

 

J-REITで主に取り扱っている不動産は、オフィス、商業施設、住宅、物流施設、ホテル、ヘルスケアとなっています。基本的に複数の施設を運用するタイプのJ-REITが多く、リスクは低いです。

2.海外の不動産投資信託の特徴

不動産投資信託は日本だけではなく世界中で行われています。それを地域別に分けると、米国REIT、欧州REIT、アジアREITなどが存在するのです。アジアREITの中には、日本REITだけではなくシンガポールREITや香港REITなどもあります。

 

海外の不動産投資信託はそれぞれの国の不動産を取り扱っているのが特徴です。その国の法律によって運用されているため、日本の不動産投資信託とはルールが異なっています。基本的に海外は日本よりも法規制が緩い地域が多いです。したがって、海外の不動産投資信託は日本よりも高い利回りの商品がたくさんあります。

 

3.アメリカの不動産投資信託の特徴

不動産投資信託はアメリカで生まれたものであり、現在でも投資が活発に行われているのはアメリカです。アメリカでは200以上もの不動産投資信託商品が取り扱われていて、市場規模がとても大きくなっています。

 

アメリカの不動産投資信託はさまざまな不動産を扱っています。オフィスビル、商業施設、自宅、物流施設、データセンター、インフラストラクチャー、ヘルスケア施設などが多いです。

 

4.国内と海外のどちらの不動産投資信託を購入するべきか?

国内の不動産投資信託の場合は、国内の証券会社の多くが取り扱っています。情報も入手しやすく、挑戦しやすい環境が整っているといえるでしょう。一方、海外の不動産投資信託の場合は、基本的には日本の証券会社を仲介して購入することになります。すべての証券会社が取り扱っているわけではなく、得られる情報も限られたものばかりです。そのため、海外の不動産投資信託に挑戦する際にはきちんとした不動産投資会社を選びましょう。信頼できる会社を選ぶことで安心して取引ができます。

 

もし、リスクのない安定した投資をしたいのであれば国内の不動産投資信託をおすすめします。日本の法律が適用されてリスクが少ないからです。情報は豊富にあり、どの証券会社も取り扱っていて、気軽に相談できます。リスクを避けて安心して取引できます。

 

もし、大きな利益を上げたい、利回りを重視したいと考えているならば海外の不動産投資信託がおすすめです。海外の方が日本よりも利回りが高くなっていて、大きな利益を得られるチャンスがあります。

 

海外の不動産投資信託では基本的にアメリカがおすすめです。海外は不動産投資信託の市場が世界で最も大きく、多くの情報が存在していて、日本の証券会社でも取り扱っています。上手くいけばかなりの利益を得られるでしょう。

 

5.目的に合った不動産投資信託を選ぼう

国内と海外では適用される法律が異なり、利回りやリスクに違いがあります。それぞれが重視するものによって、国内と海外のどちらの不動産投資信託が適しているのかは異なるのです。最適なものを選択しましょう。

不動産投資は近年注目を集めていますが、少子高齢化が進む日本では将来性に不安が残ります。空室リスクも高まっていますので、将来的に安定した収益を上げるのであれば、海外に目を向けることも重要でしょう。

海外は不動産投資に適した国も多く、高い経済成長率をキープする国も少なくありません。日本と比べて将来性もあるのが特徴です。

海外の不動産投資が日本より最適な理由

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

将来のことを考えた場合、日本より海外のほうが不動産投資に最適です。その理由は主に3つありますが、いずれも大きなメリットといえるでしょう。

 

とにかく利回りが高い

 

海外の不動産投資最大の魅力は利回りの高さです。国によって違いこそあるものの、新興国でも5~6%かそれ以上の利回りになることも珍しくありません。日本が高利回りの物件で3〜5%前後ですが、税金を差し引くと実質2〜4%程度になります。些細な違いに見えますが、将来のリターンには大きな違いが現れます。

 

今後の成長も期待できる

 

また、海外の国によっては今後の成長が期待できることも強みでしょう。日本はすでに経済が成熟期に入っており、今後は緩やかに成長するか、後退していくと見られています。

 

対して海外は、今後の成長が期待できる国が多くあります。長い目で見た場合、さらに高い利回りを得られる可能性もあるでしょう。

 

売却益も期待できる

 

日本の不動産価格は頭打ちの状態が続いていますが、海外はそうではありません。不動産価格の上昇も期待できますので、売却益(キャピタルゲイン)を得られる可能性も高いのです。

 

それに加えて家賃収入(インカムゲイン)も入るため、収益の柱を2つにできるのが海外の強みといえます。

 

不動産投資に最適な利回りが高い国は?

 

海外は不動産投資に最適ですが、実際に投資する国は慎重に選ばなくてはいけません。特に利回りは大きな違いがあります。

 

以下は利回りが高い主要国です。もし悩んだら、以下の地域をターゲットにしてみるとよいでしょう。

 

海外からの投資に積極的なシンガポール

 

まずおすすめの国がシンガポールです。非常に小さな都市国家で、安定した経済成長率を誇るうえ、不動産の利回りも比較的高いのが魅力となっています。他国より経済は成熟していますが、海外からの投資に積極的な姿勢であり、日本からも投資しやすい国とされています。

 

高い成長率をキープするフィリピン

 

次におすすめの国がフィリピンです。日本からの移住者が多いことで知られていますが、近年は目覚ましい経済発展を遂げています。新興国ゆえのリスクはあるものの、高い経済成長率は眼を見張るものがあります。そう考えると、不動産投資を検討すべき国の一つといえるでしょう。

 

今後が期待されるタイ

 

タイも利回りが高い国として注目を集めています。親しみを持つ日本人も多く、日系企業も多数進出していることから、不動産投資も活発です。ただ、他の国と比べてクーデターが起きやすいなど、政治的に不安定な側面もあります。今後の成長次第では、投資を検討してもよいでしょう。

 

海外で不動産投資する時の注意点

 

将来性を考えると魅力の多い海外ですが、不動産投資をする際はいくつかの注意点があります。日本とは違ったリスクもあるため、慎重に吟味することも大切です。

 

地政学リスクを考慮しなくてはいけない

 

特に注意しておきたいのが地政学リスクです。政治や経済、社会情勢などが不安定な国は利回りも高い傾向にありますが、その分紛争や内戦、政変のようなイベントが起きやすくなります。経済が停滞して不動産の価値が下落、というパターンも考えられますので、地政学的に安定した国や地域を選びましょう。

 

信頼できる会社を見つけよう

 

海外への不動産投資は、専門の不動産会社や投資会社を通じて行うのが一般的です。しかし、悪質な会社に捕まってしまうと、大切なお金を失う危険もあります。どの国へ投資するにせよ、信頼できる会社を見つけましょう。実際に担当者の話を聞き、慎重に見極めることをおすすめします。

 

その国の土地柄について熟知することが大切

 

海外は、国それぞれに独自の風習や考え方があります。そのため、日本と同じ感覚で不動産投資を行うことは避けるべきです。日本とは不動産事情が変わるのはもちろん、考え方も全く異なります。そうした土地柄を知ったうえで投資を判断しましょう。

海外の不動産投資は経験を積んでから始めよう

 

海外での不動産投資は高い利回りが期待できる反面、日本とは異なるリスクが潜んでいます。投資初心者向けとは言い難いため、ある程度知識と経験を身に付けてからでも遅くはありません。

 

それでも投資したい方は、投資信託やETF(上場投資信託)を活用しましょう。最小限の費用で海外の不動産へ投資できます。

海外への不動産投資は、専門の不動産投資会社を通じて行うのが一般的です。そのほとんどは物件を仲介する業者ですが、無知に付け込んで悪質な取引を持ちかけてくるケースも後を絶ちません。トラブルにあう可能性もゼロではないため注意が必要です。特に海外への不動産投資が初めての方は、時間をかけて慎重に選ぶことをおすすめします。

悪徳な海外の不動産投資会社に注意

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外へ不動産投資会社はさまざまありますが、安易に選ぶべきではありません。どのような国へ投資するにせよ、悪徳業者を選んでしまうと、以下のようなトラブルに巻き込まれる危険があります。

 

法外な仲介料を請求されるケースも…

 

海外の物件を仲介している不動産投資会社の場合、日本の業者と同じく所定の仲介手数料を請求します。良心的な業者なら物件価格の3%程度に落ち着きますが、それを超えて請求してくるパターンも中にはあります。手数料の負担が大きくなると資金効率が下がり、利回りにも影響します。物件を契約する前に聞いておくことが大切です。

 

トラブルがあっても対応してもらえない

 

海外の不動産投資はトラブルも付き物ですが、悪徳な不動産投資会社だと対応してもらえない可能性があります。こうした業者は、物件の販売や仲介までが取引と考えており、後のことは全て自己解決が求められるのです。しかし、海外での不動産投資に慣れていないと、トラブルの解決など無理でしょう。不動産投資会社を選ぶ時は、トラブルにも対応してくれるか確認することが求められます。

 

最悪詐欺にあう危険がある

 

めったにありませんが、詐欺被害にあうリスクも潜んでいます。例えば取引成立と見せかけて資金を持ち逃げされたり、物件の引き渡しが行われなかったりなど、あらゆるパターンが考えられます。もし詐欺にあってしまったら、最悪資金を全て失う結果になりかねません。いずれにしても、怪しいと思ったら取引をしないことが賢明といえます。

 

海外の不動産会社を賢く選ぶコツ

 

海外の不動産投資会社を間違えて選ぶと、後悔することにつながりかねません。少しでも安心して投資を行うためには、以下の全てに当てはまる業者を選ぶようにしましょう。

 

投資対象国の不動産事情に詳しい

 

まず絶対条件として、投資対象国の不動産事情に詳しいかどうかが挙げられます。日本からは入手できる情報が限られるうえ、個人では限界があります。事情に詳しい業者を選べば、詳しい実情も教えてもらえるでしょう。反対に曖昧な返答しかしなかった場合、取引は止めることも検討すべきです。

 

現地に支店がある・エージェントとパイプがある

 

現地に支店を開設しているか、エージェントとのパイプを持っているかも確認をおすすめします。いずれかに当てはまる場合、もしもの時に手厚いフォローを受けられる可能性が高い業者といえます。

 

最低でも現地のエージェントとパイプを持っていないと、本当に該当国への投資ができるのかという疑問も残ります。

 

物件の仲介・販売実績が豊富にある

 

実績もチェックが必要な項目です。不動産投資会社は非常に多くありますが、リスクを下げるなら物件の仲介や販売実績は必ずチェックしておきましょう。実績が豊富な業者であれば、安心して不動産投資の相談ができます。ただし、実績を捏造している可能性もゼロではありませんので、商談前に具体例をいくつか見せてもらいましょう。

 

デメリットやリスクも包み隠さず話してくれる

 

投資の話になると、ついメリットに目が行きがちですが、デメリットやリスクについても包み隠さず話してくれる不動産投資会社を選びましょう。海外への不動産投資はメリットも多いですが、デメリットやリスクもゼロではありません。しかし、それを隠す業者は安全な業者といえないでしょう。

 

アフターフォローや相談できる体制が整っている

 

海外の不動産投資は物件購入後が本番です。税金面から家賃滞納まで、あらゆる問題が発生しますので、そうしたトラブルに対応できる業者を選ぶことが望ましいでしょう。不動産投資会社を選ぶ時は、アフターなどの体制が整っているか確認することが大切です。

 

海外の不動産会社はじっくり選ぶこと

 

不動産投資会社を利用すれば、個人でも手軽に海外へ不動産投資できます。しかし、その業者が絶対に安心とは限りませんし、トラブルに巻き込まれるケースもあります。

 

安心して不動産投資をするためにも、不動産投資会社は慎重に選ぶことが重要です。上記で挙げた点をチェックし、問題ないと判断できた業者を選びましょう。

海外の不動産は高利回りが魅力で、大きな収益を得られる可能性があります。しかし、物件の購入には多額の資金が必要なことから、初心者には敷居が高いのがネックです。もっと少額から始めたい、という人も少なくはないでしょう。

 

海外で物件を購入すると最低数百万円の資金が必要ですが、わずか数百円〜数万円の資金があれば、海外に投資をすることも不可能ではないのです。物件を直接購入するわけではありませんので、利回りは少し下がるものの、投資額が少ないため、初めての人に向いています。

数百円から海外に不動産投資する方法を紹介

仲介手数料無料に注目

海外の不動産に少額で投資する方法は3つです。方法は限られますが、一部を除いてリスクが低くて済みます。海外でいきなり物件を買うことに抵抗がある人は、以下のいずれかを始めてみるとよいでしょう。

 

数百円で可能な投資信託(積立含む)

 

最初に紹介する方法が投資信託です。不動産投資信託またはリートと呼ばれており、ファンドマネージャーが日本や海外の不動産を運用します。物件を選ぶことはできませんが、投資対象国はファンドによって変わるため、いくつかの選択肢があります。

 

なお、投資信託は購入すると最低1万円ほどの資金がかかりますが、積立なら毎月数百円くらいからから始められます。わずか数百円ですので、不動産投資が初めての人や、どのようなものか勉強したい人に適しています。なお、分配金を出している商品も多いため、インカムゲインを得たい人にもおすすめです。

 

数千〜数万円の資金ならETF(上場投資信託)

 

海外へ投資するならETFも候補に入るでしょう。ETFは上場投資信託と呼ばれる商品で、こちらも初心者向けとなっています。

 

ETFは株式市場に上場しており、市場が開いている時間帯ならリアルタイムに売買できるのが魅力です。さまざまな商品がありますが、海外の不動産を対象にした銘柄も少なくありません。利回りも魅力的ですが、1口数千円で購入できるのもETFの強みです。一般的な株式と同じく、数万円の資金で始められます。

 

数万円〜十万円で始める不動産小口化商品

 

最後の不動産小口化商品は、特定の不動産を一口数万〜数十万円に分割して販売する商品です。投資家は直接物件を保有できるわけではありませんが、出資額に応じた配当が得られます。上記の投資信託やETFよりも高利回りを実現している商品が少なくありません。

 

海外の不動産投資ではマイナーな部類に入りますが、一度に数十万円単位の資金を出資できる人に向いています。ただし、投資信託やETFのような分散投資ができませんので、メインの投資先にするのは少々危険を伴います。

 

少額でも海外に不動産投資するメリットは?

 

上記3つの方法を利用すれば、少額でも海外への不動産投資は可能です。直接物件を管理する場合より利回りは低いですが、それを上回るメリットがあります。特に投資初心者の人や、リスクを取りたくない人には大きなメリットでしょう。

 

運用をプロに任せられる

 

最大のメリットは運用をプロに任せられる点でしょう。物件を自分で保有した場合、運用結果の責任も自分に跳ね返ってきます。管理会社へ管理を任せることはできますが、コストがかさむ点に注意しないといけません。

 

投資信託やETFなどは、運用を全てファンドマネージャーが行います。不動産小口化商品も自分維持管理やメンテナンスをしないで済みますので、手軽に始められる手段といえるでしょう。

 

リスクを抑えられる

 

リスクを抑えられることもメリットです。例えば投資信託やETFの場合、保有しているだけで複数の物件と国に分散投資できます。もし一つの物件がダメになったり、特定の国で不動産バブルが弾けたりしても、資産へ及ぶ影響は軽微です。

 

必要資金が少なくて済む

 

もし自分で海外の不動産を購入した場合、数百万円から数千万円の資金が必要です。融資やローンを組みにくいため、大半を自己資金で出費しなくてはいけません。

 

一方、投資信託などは必要な資金が少額で済みます。前述のとおり最低数百円、多くても数十万円で済みますので、余裕資金で始められるのは魅力といえるでしょう。

万が一失敗しても影響が小さい

 

投資には失敗が付き物ですが、投資信託やETF、不動産小口化商品なら損失は最小限で済むでしょう。少額の資金で始められることから、損失も少なくなるのです。

 

しかし、海外に不動産投資をして物件を保有した場合、万が一失敗した時の損失は計り知れません。国によっては高い利回りを実現しているため、リターンは大きくなります。その反面、リスクも増加することは無視できないでしょう。よほど資金に余裕があるなら別ですが、そうでないなら失敗時のことも考えておくべきです。

 

海外の不動産投資が初めてならまず少額から

 

海外の不動産に興味がある人は多いと思います。特に利回りが高くなっていますので、多額のリターンが期待できるのがメリットでしょう。

 

しかし、知識が乏しい数百万円の資金を投じるのは危険です。大切な資金を失う結果になりかねません。

 

もし海外の不動産投資の知識が乏しいなら、上記で説明した商品を選びましょう。資金に余裕がある人もいると思いますが、その場合でも不動産小口化商品から始めることをおすすめします。

日本から海外への不動産投資は決して珍しいものではありませんが、近年熱い視線を集めている地域がアジアです。中でも東南アジアは注目されており、今後投資を行うのであれば検討の余地があります。

一口にアジアといってもたくさんの国があるため、どこを選べばいいか迷ってしまうでしょう。また、本当に投資するメリットがあるのかと、疑問が浮かぶ人も多いかもしれません。

確かに投資すべきか判断に迷うところですが、アジアは投資に見合うだけのリターンを得られる数少ない地域です。

アジアで不動産投資におすすめの国を紹介します。

問題はどの国を選ぶかですが、悩んだら以下の4カ国の中から選んでみましょう。いずれも注目されている国で、海外からの不動産投資も活発です

今後が期待されるカンボジア

まず紹介する国がカンボジアです。意外に感じる人は少なくないでしょう。人口1,500万人ほどの同国は、現在海外マネーの流入が相次いでおり、アジア各国の中でもトップクラスの経済成長率を記録しています。

国民1人あたりのGDPも少しずつ上昇しており、今後の成長が期待されています。不動産市場の活況を帯びていますので、要注目の国といえるでしょう。

未だ根強いマレーシア

マレーシアも不動産投資に最適な国の一つです。不動産市場は一時期に比べて落ち着いたものの、未だに新規物件の着工は相次いでおり、潜在的なニーズは衰えていないことがわかります。

ただし、地域によっては不動産価格が下落基調にありますので、売却益狙いの人は注意が必要です。安くなったところで買い、高い利回りを感受したほうがよいでしょう。

表面利回りが高いフィリピン

アジアの中で、特に表面利回りの高い国がフィリピンです。日本と比べて2倍かそれ以上の利回りを維持する物件も多く、短期間で資金を回収することができます。

フィリピンは国民所得も増加基調にあるほか、不動産価格も上昇傾向にあります。この状態がいつまで続くかは不明ですが、潜在ニーズを考えると、しばらくは成長が続くと考えられます。

これからが期待されるベトナム

ベトナムも不動産投資を検討する余地があります。いわゆるドイモイ政策の恩恵で海外からのマネー流入が急増しており、それに合わせて不動産市場もニーズが高まっています。

海外の不動産投資は2015年から実質スタートしましたが、今後は資金の流入が増えると予想されています。
長期的に見た場合、もっとも注目すべき国といえるでしょう。
アジアで不動産投資をするメリット

以上がアジアでの不動産投資に適した国ですが、不動産投資するべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

確かにリスクもありますが、以下で挙げるように、投資を検討するだけのメリットがあります。

著しい経済成長を遂げている

アジアは世界の中でも特に著しい経済成長を遂げている地域です。日本や韓国など、経済が成熟した国は数えられるほどしかありません。反対に上記で挙げた国のほとんどは、高い経済成長率を記録しており、今後にも十分期待できます。アジアは小さい国が多数あるため、潜在的な経済成長率は他の地域よりも高いでしょう。

都心の不動産も日本と比べて安い

日本の都市部は不動産価格が高く、気軽に投資できるものではありません。その分利回りが下がりますので、資金効率も決してよいとはいえないのが実情です。

一方のアジア地域は、不動産価格が上昇基調にあるものの、日本と比べた場合は手頃な価格といえます。国によっては首都や都市部の物件も安く入手できますので、資金効率も高いのが魅力です。

人口が着実に伸びている

日本は少子高齢化が進んでおり、今後の人口増加は望めません。しかし、アジア全体を見ると人口が増加している国が多くあります。人口増は住宅不動産の需要増加ともつながりますので、投資するだけの価値があるでしょう。バブルの崩壊には注意しないといけませんが、潜在的な需要があることは大きな強みです。

さまざまな面で伸びしろがある

経済や人口など、さまざまな伸びしろがある点もメリットです。例えば欧米各国に目を向けると、経済的に成熟した国が多く、中東やアフリカは政治経済とも不安定な国が多く、投資をするにはリスクを伴います。

その点アジアは政治的に安定した国も多いうえ、今後も経済成長などが期待できます。

海外の不動産投資ならアジアを候補に

海外へ不動産投資する場合、どの国を選ぶか迷う人もいると思います。もし悩んだら、アジアを候補に入れてはいかがでしょうか?国によって事情は異なるものの、今後が期待できる国が多くあります。日本より利回りも高いため、検討する価値はあるでしょう。

海外不動産投資は本当に儲かるのか疑問に思っている人がいるかもしれません。あまり情報がなく、トラブルやリスクがあるのではないかと不安に感じる人はたくさんいるでしょう。そこで、海外不動産投資は本当に儲かるのか、本当のところを解説します

1.日本よりも利回りが大きい

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外不動産投資の特徴は日本とは異なる法制度のもとで投資が行える点です。そして、基本的に日本は法律によって投資のリスクが小さくなっているのですが、その分だけ利回りが上がりにくいというデメリットがあります。また、日本は少子高齢化が続いていて、不動産需要が減少しており、その点でも不動産投資で不利な環境となっているのです。

 

一方、海外の場合は日本よりも不動産投資に関する規制がゆるくなっています。そのため、日本よりも利回りが高くなりやすいです。日本よりも景気が良くて、人口増加や経済成長が見込める国であれば、海外不動産投資は利回りが高くなりやすく儲かります。

 

日本での不動産投資の利回りの低さに満足できないのであれば、海外不動産投資を検討してみましょう。

 

2.欧米は建物価格が下落しにくく設けやすい

海外、特に欧米の不動産投資は日本よりも利回りが高くなりやすいです。その理由の1つとして、欧米の建物は日本よりも価値が下がりにくい点があります。欧米の建物は古くても資産価値がそれほど落ちないのが特徴です。

 

まず、欧米では中古住宅を質の低いものと考えません。むしろ、誰かが長く暮らしてきた住宅であれば、トラブルが少なく安心して買えると考える人が多いです。新しい住宅は建物に不具合が残っている可能性があり、周囲にはどういった住民が住んでいるのかもわからず、リスクが大きいと判断します。このように日本と欧米では住宅に対する考え方が異なるため、欧米は建物が古くなっても価値を維持することができるのです。この点を利用して、海外の不動産投資で安定した家賃収入を得ることを期待できます。日本よりも家賃収入が安定しやすく、将来的に不動産を手放すときもあまり価値が落ちておらず損をしないのです。

 

また、そもそも日本と違って、特にアメリカは気候が乾燥していて住宅が傷みにくくなっています。そのため、ちょっとした修繕を続けるだけでも、新築と同じ状態を維持しやすいのです。日本の場合は適切な修繕をしても住まいが駄目になりやすく価値が下落しやすい環境といえます。地震や台風などの影響も大きいです。耐震性を維持する必要もあることから、どうしても年数の経過した家は日本では価値が落ちます。

 

こういった日本特有の問題がないため、海外、特に欧米の不動産投資は儲けやすいのです。

 

3.選択肢がたくさんある

海外不動産投資と一口に言っても、その選択肢は非常にたくさんあります。アメリカやヨーロッパ、アジアなどさまざまな地域や国から選ぶことができるからです。たとえば、最近は東南アジアの国々への不動産投資が注目されています。東南アジアの国々は経済成長を続けていて、人口も増えており、不動産投資の利回りが高くなりやすいからです。日本にある証券会社の中にも東南アジアの不動産投資を扱っているところは増えています。

 

現在やこれからの状況、自分の投資のスタイルなどを総合的に考えて、目的に合った国や地域を選ぶことが大切です。日本の不動産投資が合わないと考えるのであれば、海外の不動産投資に気軽に挑戦してみましょう。今後の人口増加や経済成長を期待できる国は海外にたくさんあるため、日本で不動産投資をするよりも期待できるのです。

 

4.海外の不動産投資は儲かる

海外の方が日本よりも不動産投資について儲けられる可能性は高いです。さまざまなプラスの要素があるため、大きな利益を期待できます。興味のある人は海外不動産投資を検討してみましょう。

海外不動産投資は節税できるという話を聞いたことがないでしょうか。そんな上手い話があるのであれば、自分も試してみたいという人は多いでしょう。そこで、海外不動産投資で本当に節税ができるのか、どういった仕組みなのか詳しく説明します。

1.税制が改正されて海外不動産投資による節税の一部が封じ込まれた

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

実は海外不動産投資を利用した節税について問題視されたため税制が改正されました。これによって、従来節税に活用できた方法が実践できなくなったのです。

 

これまでは海外不動産投資で生じた赤字を国内所得と合算できました。これによって節税効果を得ることができるため、海外不動産投資が注目されたのです。特に欧米の建物は築年数による劣化が少なく、日本よりも減価償却費を大きくすることができます。減価償却費を大きくすることで赤字を作り出し、それを国内所得と合わせることで節税できたのがこれまでです。

 

今後は、海外不動産投資で赤字になったとしても、減価償却費の計上による赤字を作れなくなりました。

 

2.譲渡益から減価償却費を控除することができる

税制が改正されても、海外不動産投資を活用した節税がすべてできなくなったわけではありません。たとえば、現在でも使える節税の方法として、海外の物件を売却した得られた譲渡益から減価償却費に相当する金額を控除できます。この方法は不動産を売却するときにしか効果がありませんが、それでも不動産譲渡にかかる税金を節税することが可能です。これだけでも大きな節税効果があるため、今後も海外不動産投資は注目されるでしょう。

 

3.複数の海外不動産について内部通算できる

もし、海外で複数の物件を活用して不動産投資している場合は、それぞれの物件の黒字と赤字を通算することができます。国内不動産と海外不動産を内部通算することはできないのですが、海外不動産同士であれば可能なのです。たとえば、Aという海外不動産で所得1,000万円、Bという海外不動産で損失12,00万円であれば、これらを通算することで所得金額は0円にできます。

 

4.法人であればこれまで通り節税できる

法人の場合は、海外不動産投資による所得とそれ以外の所得を合わせることができます。そのため、法人では従来どおりに減価償却費の赤字を本業の所得と合わせることで節税ができるのです。たとえば、法人を持っているであれば、その法人名義で海外不動産投資をすれば良いでしょう。法人の場合は事業で大きな利益を得たとしても、海外不動産投資で赤字を計上すれば法人税を大きく節税できるため効果が大きいです。

 

もし、個人で海外不動産を有しているならば、それを法人に売却することで今後も節税を継続して行えます。

 

5.これから法人を設立して海外不動産投資をすれば節税できる

法人をこれから設立して海外不動産投資にチャレンジするという方法があります。法人設立そのものはそれほど難しいことではありません。最初に設立費用がかかるのですが、不動産投資で得られる節税メリットを考えればトータルではプラスになります。不動産投資のためだけに法人を設立するケースは少なくありません。サラリーマンだったとしても、不動産投資の部分のみを法人にすることは可能です。

 

ただし、サラリーマンが法人を設立する際には、会社の規則に抵触しないか確認しておきましょう。会社によっては副業を禁止していて、不動産投資による法人設立が認められないケースもあります。

 

実際に法人を設立する際には司法書士や税理士などのプロに相談すると良いでしょう。そうすればトラブルなくスムーズに法人を設立できます。

 

6.今でも海外不動産投資で節税ができる

海外不動産投資を活用した節税スキームは法改正によって一部が使えなくなりました。しかし、今でも海外不動産投資を活用して節税することは可能です。この記事を参考にして、海外不動産投資で節税にチャレンジしてみましょう。

海外への不動産投資は失敗するというイメージを持っている人がいるかもしれません。あまり情報がなくて不安になる人は多いでしょう。そこで、海外への不動産投資に失敗するケースや成功のためのコツについて紹介します。1.信頼できない会社を利用して失敗する

海外の不動産投資をする場合は、信頼できる業者を利用することが大切です。たとえ、日本で有名な不動産会社だったとしても、海外不動産投資に関する確かな実績やノウハウがなければ信用できません。きちんとした能力のない会社を利用すると海外不動産投資に失敗する可能性があります。知名度が高いからと盲信してしまい失敗したケースがあるのです。

 

たとえば、現地の不動産に関する情報収集が不足しているケースがあります。現地のスタッフをほとんど配置していない会社もあるのです。本気で海外不動産投資のビジネスを展開する気がなく、形だけを整えている場合があります。このような会社を利用するのは避けましょう。

 

2.国や地域の選び方を間違えてしまい失敗する

海外不動産の対象となる国や地域は非常にたくさん存在しています。アメリカやイギリスといった欧米だけではなく、中国や韓国といった東アジア、さらには東南アジアの国々で不動産投資をすることも可能です。ただし、すべての国で安心して不動産投資できるとは限りません。たとえば、今後人口や経済の成長する見込みのない国で不動産投資を始めてしまい失敗することがあります。また、その国の中でも需要の低いエリアの不動産を買って失敗するケースもあるのです。

 

現地の情報をよく知らない会社を利用すると、需要のない国や地域を選んでしまう可能性があります。きちんと現地での情報収集を行い、詳しい状況を理解している会社を利用するべきです。

 

3.信頼と実績のある不動産会社を選ぶ

これから海外不動産投資を成功させたいならば、信頼と実績のある不動産会社を選ぶことが大切です。海外不動産投資のサービスを展開していたとしても信用できません。これまでに長年にわたってサービスを提供した実績があり、実際に多くの利益を利用者に与えていることが大切です。また、現地にどのくらいのスタッフを配置しているのか、データベースを用意しているか、これまでどの程度の不動産投資をサポートした実績があるのかといった点も確認しておきましょう。

 

4.セミナーや勉強会に参加する

日本の不動産会社の中には海外不動産投資に関するセミナーや勉強会を開催しているところが多いです。それらに参加して、海外不動産投資について知識やノウハウを学びましょう。不動産投資は業者にすべてを任せるのではなく、自分で情報を集めて判断することも大切です。そのために勉強するのは重要であり、その際にはセミナーや勉強会といった機会はとても役に立ちます。

 

5.信頼できるパートナーを見つける

日本の不動産会社を利用せず、直接現地の不動産会社と交渉して不動産投資を始める人がいます。しかし、たとえ言語に自信があったとしても、直接海外の会社と交渉して不動産を入手するのはハードルが高いです。現地の法律や不動産事情を熟知していないと失敗するリスクがあります。

 

そこで、信頼できるパートナーを見つけることが大切です。実際に現地で生活をしていて、言語や不動産事情、法律などに詳しいパートナーを探しましょう。そのような信頼できるパートナーがいるならば、現地の不動産会社や金融機関と直接やり取りすることができます。

 

たとえば、海外不動産会社の中には日本に本社を設置する会社があり、そこで現地パートナーを紹介してもらえるケースがあるのです。日本の会社の中に海外の不動産投資に特化したサービスを展開している会社もあります。

 

あるいは、掲示板やSNSなどを活用してパートナーを探すことも可能です。たとえば、現地に在住している日本人に協力してもらう方法があります。この場合は、本当に信頼できる人物か判断することが大切です。

 

6.海外不動産投資はコツを理解すれば失敗のリスクを軽減できる

海外不動産投資で失敗する人はいます。ただし、国内で不動産投資をしても失敗する人は存在するのです。失敗の事例を知り、成功のコツを理解して、それを実践できるかどうかが重要といえます。この記事で紹介したコツを活用して海外での不動産投資に成功しましょう。

海外の不動産は高い利回りが魅力ですが、どの国を選んでもよいわけではありません。政治的に不安定な国もあれば、経済成長が見込めない国もあるからです。

これから海外で不動産投資を始めるなら、そうした国を避ける必要があります。地政学リスクを最小限に抑え、大切な資金を守るためにも慎重に選ぶべきでしょう。

安全に不動産投資できる海外の国のランキングを紹介

自分だけの別荘~タイのコンドミニアム~

海外で不動産投資をする場合、経済成長が見込めて政治的にも安定した国がおすすめです。以下はランキング形式でおすすめの国を5つ紹介します。もし悩んだ時は、以下の5カ国の中から選んみてはいかがでしょうか。

5位:シンガポール

第5位に選んだシンガポールは、東京23区とほとんど面積が変わらない小さな都市国家です。安定した政治基盤と経済成長を両立させているほか、海外からの投資にも積極的な姿勢が評価されています。

不動産も利回りが比較的高く、海外からの投資家も少なくありません。日本人にも身近な国ですので、不動産投資を始めるならシンガポールを選ぶのもおすすめです。

4位:マレーシア

第4位のマレーシアは、将来的に大きく飛躍すると考えられている新興国です。近年も目覚ましい経済発展を遂げていますが、今後はますます伸びると予想されています。

海外からの不動産投資も活況で、アジア諸国の中ではトップクラスの利回りになっています。ただし、新興国ゆえに不安定な側面もありますので、投資時点での市況はしっかりと確認しておきましょう。

3位:オーストラリア

第3位のオーストラリアは、安定した経済力と政治基盤を持つ国です。先進国の中では比較的高い経済成長を実現しており、オーストラリアへの海外投資も年々増加しています。

なお、不動産投資も比較的多く、投資信託やETFなどを通じて投資することもできます。そのため、資金が限られる場合は投資信託などで間接的に投資をするのもよいでしょう。

2位:イギリス

第2位のイギリスは、皆さんご存知のとおり先進国の一つで、日本と非常に似ている部分も少なくありません。EUを離脱したとはいえ経済基盤は強く、政治の安定性なども強みになっています。

海外からの不動産投資にも積極的で、取引面での安全性も確保しやすいのが魅力です。物件の契約までには時間を要しますが、安定した利回りを実現しやすいため、時間をかける価値はあります。

1位:アメリカ

そして最後がアメリカです。やはり世界一のGDPと底堅い経済成長率、安定した政治基盤は代えがたい物があります。他の新興国ほどの利回りは期待できませんが、日本よりも利回りは高く、かつ安定性という意味では日本以上でしょう。

アメリカは不動産投資も活発で、中古物件も多いのが魅力です。英語ができればコミュニケーションも取りやすいため、人によっては他国よりスムーズに取引できるでしょう。ETFや投資信託も多数ありますので、こうした商品を通じて投資するのもおすすめです。

海外で不動産投資するメリット

上記の5カ国はいずれも投資に最適な国ですが、そもそも海外で不動産投資にメリットはあるのかと疑問が浮かぶ方も多いと思います。確かにリスクも多いですが、以下の2つはリスクを差し引いても魅力的なメリットといえるでしょう。
高利回りで資金の効率を最大化できる

海外へ不動産投資する一番のメリットが利回りと資金の効率アップです。先進国のアメリカやイギリスはもちろん、新興国は日本よりも高利回りの物件が多くあります。

特に新興国は今後の経済成長にも期待できるため、不動産価格が高騰することも考えられます。上昇したタイミングで売却すれば、多額の利益も得られるでしょう。

先進国なら政治経済が安定している

新興国は政治経済の基盤が不安定な地域もあります。しかし、先進国であれば安定していますので、安心して投資することが可能です。上記のランキングでご紹介したアメリカやイギリスは、いずれも安定しているため、新興国に不安を感じる方は検討の余地があります。

海外の不動産投資は検討の余地あり

一口に投資といってもさまざまありますが、不動産投資は高い利回りが魅力です。特に海外は高利回りのほか、将来の経済発展も見込めるなど、日本にはない強みを持っています。

しかし、ある程度の知識と投資対象国の不動産事情を理解しておく必要があります。投資を始める前に、一通り勉強しておくのもよいでしょう。

アジアでの不動産投資が儲かるという話を聞いて興味を持っている人は多いでしょう。しかし、本当に儲かるのか、どこの国で不動産投資をすればいいのか悩む人はたくさんいます。そこで、アジアでの不動産投資の現状とおすすめの国を紹介します。

1.アジアへの不動産投資が流行っている

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

近年、アジアでの不動産投資が注目されています。特に香港や東南アジアの国々への不動産投資が注目されているのです。その理由はアジアにおいて経済成長している国がたくさんあるからです。これからはアジアの時代とされていて、特に東南アジアのASEANと呼ばれている国々が大きく経済成長することが期待されています。世界貿易の中心となるのがアジアとされていて、不動産の需要が高まり、投資先として注目度が高まっているのです。

 

実際に世界中の投資家がアジアの不動産に注目しています。現時点でアジアの国の不動産投資の利回りは日本よりもかなり高くなっているのが現状です。これからは人口増加や経済成長によってさらに利回りが良くなるでしょう。

 

2.アジアでオススメの国1:フィリピン

フィリピンは21世紀に突入してから常に5%以上の経済成長を遂げている国です。内需国として成長しているのがポイントであり、1億人以上の人たちが生活していて、今後も不動産需要は高まると予想されています。フィリピン人は所得が増えていて、不動産を求める人が多く、高い利回りを維持できると期待されているため、投資先としておすすめできるのです。

 

特にマニラにおいては大型インフラ計画が進められていて、環境が整備されており、ますます多くの人が集まるでしょう。それに伴い不動産投資でも大きなチャンスが訪れるのです。

 

3.アジアでオススメの国2:ベトナム

アジアの国であるベトナムは近年成長が著しいのが特徴であり、常に4%を超える成長率を記録しています。安定して成長している国であり、国際的にも評価が高まっていて、これから経済大国にのし上がる可能性もあると予想されているのです。

 

一方、ベトナムは外国人による投資が2015年に解禁されたばかりとなっています。そのため、海外マネーはまだそれほど流入していません。そのおかげで物件価格は割安となっていて、不動産投資をするならば今は狙い目といえるでしょう。今後は住宅価格が上昇を続けていくと予想されているのですが、2021年の現時点ではまだ低い水準です。

 

4.アジアでオススメの国3:カンボジア

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

カンボジアは現在注目されているアジアの国であり、不動産投資で大きなチャンスがあるとされています。縫製産業と観光産業を中心として発展しているカンボジアはこれからも成長を続けていくでしょう。海外の企業の進出が目覚ましい国であり、不動産市場の成長が予想されます。外国人向けの高級住宅市場の開拓や都市部の住宅建設数の伸びなども期待できるのです。そのため、今からカンボジアで不動産を取得しておけば、今後安定した利回りで運用できる可能性があります。

 

また、カンボジアは東南アジアにおいては唯一アメリカドルを使用できます。そのため、為替リスクを抑えやすい点がメリットです。非居住者であってもカンボジアで銀行口座を開設できるのもメリットです。カンボジアの銀行は日本と違って高金利のため、不動産投資による利益をより大きくできるでしょう。

 

5.アジアでオススメの国4:タイ

タイは安定した経済成長を遂げている国であり、今後も住宅や賃貸の需要が高まると予想できます。そのため日本で不動産投資をするよりもチャンスが大きいです。また、登記費用や税金などのコストが日本より安価な点もおすすめできます。タイでは外国人による不動産購入について最低価格基準がないのもメリットです。少額から投資をスタートできるため、タイはおすすめです。

 

6.アジアで不動産投資をすれば儲かる

アジアにおける不動産投資は将来性があり、日本よりも儲かる可能性が高いです。不動産投資に興味のある人はアジアでの海外不動産投資に注目してみましょう。

不動産に投資する際には、まとまったお金を用意するためにローンを組むのが一般的です。しかし、海外不動産投資のためのローンは国内の不動産を対象としたものと何か違いがあるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。そこで、海外向けの不動産投資ローンについて説明します。

 

1.海外不動産投資のためのローンの選択肢は3つ

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

海外の不動産を入手するために組むことができるローンは大きく分けると下記の3つがあります。

・国内の金融機関で不動産投資ローンを組む

・国内の金融機関の提供するフリーローンを利用する

・現地の金融機関でローンを組む

 

国内の金融機関で海外不動産投資のためのローンを提供しているサービスはいくつか存在します。ただし、融資を受けるためには審査に通る必要があるため、事前にきちんと条件を確認しておきましょう。

 

また、使途が自由なフリーローンを利用して海外不動産を取得するという方法もあります。ただし、フリーローンといっても、投資のための資金として利用できないケースもあるため注意しましょう。

 

現地の金融機関でローンを組んで不動産を取得するという選択肢もあります。この場合は言語の壁が問題になるため、専門家に仲介してもらうことが大切です。海外不動産投資を専門的に扱っている企業であれば、現地の金融機関でローンを組むのを仲介してくれるサービスを提供しています。

 

2.担保について

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

不動産投資ローンを利用するには担保を設定する必要があります。こちらは、すでに国内で所有している不動産を担保にできるケースが多いです。ただし、担保となる不動産に条件が設定されていることもあります。また、これから取得する海外の不動産を担保にできるケースもあるでしょう。担保の設定については、それぞれの金融機関で定める条件が違っているため、事前によく確認してください。

 

海外の不動産を担保にできるローンであっても、特定の国にしか対応していないケースがあります。これは、海外不動産を担保にする場合、現地の不動産の価値を金融機関が正確に鑑定する必要があるからです。

 

3.審査の基準について

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

海外向けの不動産投資ローンについては、それぞれの金融機関ごとに独自の基準を設けて審査を実施しています。審査の基準としてよく設定されているのは下記のような項目についてです。

・年齢

・年収

・勤続年数

・担保

 

たとえば、年齢については基本的に60歳未満であることが条件となるでしょう。年収はある程度なければ審査に通らないケースがあります。同じ勤務先に3年以上に渡り継続して勤務していることを基準の一つとしているローンもあります。詳しいことは各金融機関によって違うため、事前に調べましょう。

 

4.金利に注目してローンを組むことが大切

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

国内の金融機関から融資を受けるにしても、現地の金融機関を利用するにしても、金利をチェックすることは大切です。基本的に海外向けの不動産投資ローンは金利が高く設定されていることが多いです。ただし、日本についてはマイナス金利政策を導入しているため、金利はかなり低い水準になっています。一方、海外の金融機関は日本のようにマイナス金利政策を導入しているケースは少なく金利は高い傾向にあります。特に新興国では金利が高くなりやすいため注意しましょう。

 

5.海外向けの不動産投資ローンを利用するポイント

海外への不動産投資でローンはどうすればいいの?不動産投資ローンのポイントを紹介!

これから海外不動産投資のためのローンを利用するならば、計画性を持つことが大切です。どのくらいのお金を借りるのか、金利を含めると最終的にいくら返済することになるのか、不動産投資でどの程度の利益を得られるのかといった点についてきちんと考えておきましょう。最終的にはローンをしっかり返済して、なおかつ利益が出ていることが重要です。不動産投資会社とよく相談をして、綿密な計画を立てた上でローンを検討しましょう。

 

6.まとめ

海外不動産の利回り比較

海外不動産投資をするならばローンの問題はきちんと考える必要があります。国内の金融機関を利用する、現地の金融機関で借りるといった方法があります。金利や担保などについてしっかりと考えて計画的に融資を受けましょう。

海外の不動産投資をするとなると税金の問題が気になるものです。日本と海外のどちらの税制が適用されるのか、どんな名目の税金が発生するのか、確定申告は必要なのかなど気になることはたくさんあります。そこで、この記事では海外の不動産投資にかかわる税金について基本的なポイントを解説しました。

 

1.不動産所有国で課税される

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外の不動産を用いて投資する際には、不動産の所在する地域において課税されます。主に課税される税金は下記の2つです。

・賃貸収入への課税

・譲渡による所得に対する課税

 

不動産所在地での課税の場合は、日本とは異なる税制が適用されるため注意しましょう。たとえば、アメリカの賃貸物件で賃貸収入を得る場合は、家賃収入から各種控除を引いて、他の所得と合わせて総合課税されます。税率は10%~35%まであり、頻繁に変更されるため、最新の情報をチェックすることが大切です。

 

2.日本でも課税を受ける

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外に不動産を保有していて、賃貸収入から所得が生じたのであれば、それについて日本でも課税されます。したがって、日本と海外の両方で確定申告する必要があるのです。これでは二重課税となるため、日本では外国税額控除という制度があります。ただし、この制度でも海外で支払った税金を無制限に控除できるわけではなく、二重課税がすべて解消されるわけではありません。

 

外国税額控除の制度は、基本的に多くの国で適用されます。日本と租税条約を結ぶ国でのみの適用となるのですが、海外不動産投資の対象となる国であれば問題ないでしょう。

 

確定申告の際には海外で得た収益については、収益や費用を日本円に換算した上で計算する必要があります。そのため、確定申告の際の計算は複雑になるため、基本的には専門家に相談した方が良いでしょう。

 

3.海外の不動産投資でも節税はできる海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外の不動産への投資でも、日本の場合と同様に節税することは可能です。さまざまな項目を経費として計上できるため、税金を減らすことができます。認められる経費には下記のようなものがあります。

・税金

・保険料

・業務委託料

・修繕費

・減価償却費

・金利

 

この中でも特に大きな割合を占めることになるのが減価償却費です。減価償却費とは、購入した資産を少しずつ分割して計上していくルールです。減価償却した方が結果的に節税することにつながります。

 

4.海外不動産投資が節税になる理由

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外への不動産投資は二重で課税されるため損するのではないかと考える人がいるかもしれません。しかし、実際には海外不動産投資を上手く活用して節税している人は多いです。

 

海外の不動産は日本の不動産と違って築年数が経過してもあまり価値は低下しません。特に欧米の場合は、一つの住宅が何十年も使われるケースが多いのです。海外の不動産は日本よりも償却期間が短くなります。したがって、減価償却費をより多く計上できるため節税につながるのです。

 

また、海外は日本と異なり土地が安い国が多いです。土地が安いとその分だけ建物に大きなお金をかけることができます。基本的に減価償却できるのは建物部分のみのため、不動産に占める建物の割合が大きくなるほど多くの減価償却ができるのです。たとえば、アメリカの不動産に投資すると、土地と建物の割合が2:8になることも少なくありません。日本よりもかなり多くの減価償却費を計上できて節税につながります。

 

海外の不動産投資では、上記のような仕組みで数年間の節税をした後に売却する流れが普通です。この際には譲渡益が生じて、それにも税金がかかるため注意しましょう。

 

5.まとめ

海外の不動産投資の税金はどうなるの?ポイントをまとめました!

海外の不動産投資でも税金は発生して、不動産所在地と日本の両方で課税されることになります。ただし、海外の不動産の方が減価償却費は大きくなり、不動産の価値も落ちにくいなどの理由から多くの利益を得やすいのです。これから海外で不動産投資をするならば、当該国の税金制度について詳しく調べておきましょう。

日本の不動産投資信託の商品に不安を感じる人がいます。上がり目がないのではないか、リスクがあるのではないかと恐れるからです。そんな人は、人気を集めている海外の不動産投資信託が気になるのではないでしょうか。しかし、海外の不動産投資信託にチャレンジするのは、あまり情報がなく不安になりますよね。

 

そこで、海外の不動産投資信託が注目される理由やメリットについて解説します。

 

1.海外の不動産投資信託が注目されている理由

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

不動産投資信託は世界各国で人気を集めています。それぞれの国ごとに独自の制度で不動産投資信託が取引されているのです。日本の不動産投資信託については、賃貸事業にしか行えず、さまざまな規制があります。そのため、リスクは低いのですが、利回りも低くなっている点がデメリットです。

 

一方、海外の不動産投資信託では日本の制度にあるような規制がありません。そのため、日本よりも高い利回りを得ることができます。他にもさまざまなメリットがあるため、海外の不動産投資信託は人気を集めているのです。

 

2.海外の不動産投資信託のメリット1:高い利回りを期待できる

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

海外不動産投資信託の大きなメリットは高い利回りを期待できる点です。日本の不動産投資信託よりも大きな利益を得られる可能性があります。株式投資と比較しても利回りは高いです。

 

たとえば、アメリカでは不動産投資信託の利益を配当金として支払うことで法人税を実質的に免除できます。日本の税制とは異なっているため、高い配当利回りを実現できるのです。

 

3.海外の不動産投資信託のメリット2:海外の不動産に気軽に投資できる

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

海外の不動産に投資したいと考えても、さまざまなリスクがあるため躊躇する人は多いです。物件の選定をして、海外の法規制についてチェックして、現地での管理にも気を使う必要があります。多くの労力がかかり、リスクもあるため、不安になる人は多く、失敗する人もいるのです。

 

不動産投資信託であれば、投資家が不動産の維持管理や運用をします。そのため、維持管理や運用に関する不安がなくなり、安心して海外の不動産に投資できるようになるのです。海外の不動産投資信託は少額でも始めることができ、気軽に挑戦できます。

 

4.海外の不動産投資信託のメリット3:為替差益を狙える

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

海外の不動産投資信託はさまざまな国や地域から選ぶことができます。米国やオーストラリア、フランス、英国、シンガポールといった国は特に時価総額が高いです。そんな海外不動産投資信託では、為替ヘッジなしのファンドがあります。為替ヘッジなしの条件で取引すれば為替差益を狙えるのです。円高のタイミングで上手く海外の不動産投資信託を購入できれば、円安になったときに手放すことで大きな差益を得られるでしょう。

 

5.海外の不動産投資信託のメリット4:分散投資できる

海外の不動産投資信託って大丈夫?人気の理由やメリットを解説!

日本の不動産投資信託は日本国内の不動産にしか投資できません。そのため、規模は限定的であり、リスクもあります。一方、海外の不動産投資信託の場合には、日本以外の世界各地域へ投資できます。

 

また、海外の不動産投資信託の場合は、日本では扱っていない不動産を投資対象としているものも多いです。日本では市場規模の小さいタイプの不動産も海外では幅広く扱われているケースがあります。たとえば、ヘルスケア施設への投資は日本では規模が小さいのですが、海外では高いです。

 

このように日本と異なる環境である海外の不動産投資信託に投資すれば、分散投資ができます。投資におけるリスクを軽減できるのです。

 

6.まとめ

海外の不動産投資信託は、日本よりも規制が緩くて高い利回りを期待できます。日本と状況の異なる海外の不動産に投資できて、分散投資の効果も得られるでしょう。このように海外の不動産投資信託にはメリットがたくさんあるため人気を集めているのです。興味のある人はチャレンジしてみましょう。

これから海外の不動産に投資したいならば、不動産投資会社からサポートを受けることが大切です。海外の不動産を扱う会社はたくさんあるため、どれを利用すればいいか悩むでしょう。そこで、海外にも対応した不動産投資会社ランキングを5位まで紹介します。

 

1.1位 グローバルプロパティ

海外に対応した不動産投資会社ランキング5選!

グローバルプロパティは2004年に創業し2010年に設立された会社であり、海外不動産投資を助けます。不動産コンサルティング&サポートのサービスを展開していて、マレーシアやタイ、オーストラリア、ニュージーランドといった海外不動産への投資を考えている人に対応しているのが特徴です。税務関連のコンサルティングも行っていて、これまでに10年以上もの実績と経験があるため、安心して頼れます。定期的にセミナーも実施していて、参加すれば海外不動産投資に関する最新情報を得られるでしょう。

 

2.2位 フォーランドリアルティネットワークジャパン

海外に対応した不動産投資会社ランキング5選!

海外不動産の紹介や現地視察のサポート、購入手続き、申請ローンのサポートなどの事業を展開している会社です。海外不動産投資のコンサルヒングを行っていて、取り扱っている国はASEANを中心に米国本土やハワイまで対応します。サイトでは物件検索ができ、1,000万円以下から1億円以上まで幅広い価格帯の物件を扱っているのが特徴です。物件が完成した後の空室・賃貸管理からバケーションレンタル、売却サポートなどアフターサポートも充実しています。

 

3.3位 ステイジアキャピタルホールディングス

海外に対応した不動産投資会社ランキング5選!

ワールドワイドに活動している会社であり、海外不動産投資を専門的に扱っています。海外不動産投資コンサルティング事業を手掛けていて、海外不動産の取得に関する手続きから税務申告、売却の判断など総合的にサポートするのが特徴です。これまでに500戸数以上もの海外不動産を販売してきた実績があります。ローン申請のサポートやプロパティマネジメントなども任せることが可能です。海外不動産セミナーも実施していて、さまざまな情報を得られます。中国やシンガポール、マレーシア、アメリカ、タイなどに現地法人があるため、最新の情報を得ることができ、しっかりとしたサポートを期待できるのです。

 

4.4位 オープンハウス

海外に対応した不動産投資会社ランキング5選!

オープンハウスは東証一部上場していて、グループ全体で協力しながらアメリカ不動産投資をサポートしている会社です。日本にいて、日本語を使いながらもアメリカの不動産を運用できます。アメリカには全部で5ヶ所に現地法人を設置していて、物件の管理運用から情報集めまでを行っているのです。オーナーに対して現地の状況を報告して、不動産投資のコンサルティングもします。言葉や時差などの壁を乗り越えて海外不動産投資ができるのが魅力です。テキサスやロサンゼルス、ジョージアなど近年の成長が著しいエリアの不動産を中心に扱っていて、高い利益を見込めるでしょう。

 

5.5位 タイチ不動産

海外に対応した不動産投資会社ランキング5選!

アメリカへの不動産投資に対応したサービスを展開しています。日本とアメリカの両方で不動産投資をしているため、両国の違いをよく熟知しているのが特徴です。そのため、日本人に向けてどうすればアメリカで不動産投資により利益を上げられるのか丁寧に説明できます。ニューヨークのビル投資に特に強く、現地の物件管理や法律をよく熟知しています。現地の商習慣や法律、市場性まで把握していて、プロフェッショナルの投資を実現するのが魅力です。さまざまな目的や事情に合わせた不動産投資を応援しています。投資ニュースやセミナーなどの情報提供も実施していて評価が高いです。

 

6.まとめ

海外の不動産投資をサポートしてくれる会社を紹介しました。この記事で紹介した会社をチェックすれば、海外の不動産投資にチャレンジできるでしょう。興味のある会社があれば、気軽に問い合わせてください。

日本ではなく海外の不動産に投資したい場合、さまざまな不安が生じるものです。リスクがあるのではないか、トラブルに巻き込まれるのではないかなど心配な点がいくつも出てきます。そこで、安心して海外の不動産に投資するための不動産会社の選び方を解説しましょう。

1.実績がある

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

海外不動産投資に対応する不動産会社を選ぶ際には、これまでの実績をチェックしましょう。会社が設立されて何年経っているのか、海外不動産投資の事業を始めてどれくらいなのか調べておきます。たとえ不動産投資会社としての歴史が長くても、海外不動産投資の歴史が浅い会社は信頼できません。できれば5~10年以上の実績のある会社を選ぶべきです。海外の不動産投資を始めて数年経ってからトラブルが生じることは少なくありません。そのため、ある程度の期間に渡って海外不動産投資の事業をしてきた実績がない会社はリスクがあります。長年の実績がある会社であれば、現地の情報に長けていて、現地でのネットワークも形成されているため、条件の良い物件を紹介してくれるでしょう。

2.日本人駐在員や現地スタッフが多数在籍する会社を選ぶ

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

海外の不動産投資を進めるならば、現地で情報収集や交渉、手続きなどに取り組むスタッフの数が重要です。たとえば、社員を現地に派遣して日本人駐在員として常駐させているケースがあります。あるいは、現地のスタッフを雇っている会社もあるのです。現地にどのくらいのスタッフを在籍させているのか事前に調べておきましょう。できれば日本人だけではなく、現地で採用した外国人スタッフがいることが望ましいです。日本語のできる外国人スタッフのいる会社ならば、言語の壁を超えてスムーズにコミュニケーションができるため、安心して投資ができます。

3.現地視察に対応している

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

実際に現地で実物の不動産を見ないと不安な人は、現地視察に対応する不動産投資会社を選びましょう。たとえば、現地ツアーを開催する会社があります。格安のツアーを用意して、現地で日本語対応できるスタッフを準備し、快適に視察できる体制を整えている会社がおすすめです。現地の管理会社のスタッフに会わせてもらい、細かな点を質問させてくれる会社もあります。

4.現地のコミュニティを紹介してくれる

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

海外の不動産投資をする場合は、現地にいる日本人とやり取りできると心強いです。不動産投資会社のスタッフだけではなく、現地の日本人から生の情報をもらうことができれば、トラブルを避けられます。そこで、現地の日本人会などのコミュニティを紹介してくれる不動産投資会社を利用すると良いです。現地にいる日本人とコミュニケーションを取り、現地の事情に精通することでリスクを下げられます。

5.特定の国に強い不動産投資会社を選ぶ

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

国によって法律や税制、経済状況などは大きく異なります。そのため、基本的には特定の1つの国に強い不動産投資会社を利用するべきです。中には複数の国への海外不動産投資に対応している会社もあるのですが、そのような会社は現地の事情に疎く、トラブルの可能性があります。一つの国に多くの人的リソースを割いていて、現地の事情に詳しく、よく起きるトラブルを理解してきちんと対策を講じている会社を探しましょう。

6.アフターサービスが充実している

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

不動産投資はある程度の期間続けることで初めて利益が生まれるものです。そのため、実際に物件を購入して安心するのではなく、その後がとても大切です。物件を購入してきちんと利益が生まれるまでしっかりとアフターサービスしてくれる企業を選びましょう。

7.まとめ

海外の不動産に投資するのは怖い?トラブルを避けるための不動産会社の選び方を紹介!

海外の不動産に投資する場合、不動産投資会社に仲介してもらうのが一般的です。そのため、不動産投資会社選びは非常に重要になります。この記事で紹介した内容を意識して不動産投資会社を選びましょう。

海外の不動を取得する上で重要となるのが土地の所有を外国人が持つことができるかという点です。

高層マンションなどコンドミニアムを購入するのも良いですが、土地の所有も手に入れたほうが資産価値が安定します。

近年では東南アジアでの不動投資が活発化していますが、所有を購入できる国は限られています。

東南アジアの不動投資

土地の所有権も持てるマレーシア不動産投資の魅力

具体的な国名をげれば、タイやフィリピン、カンボジアでは購入できませんが、マレーシアでは購入できます。

マレーシアの人口は約3000万人で、またマレー語、タミル語、英語など複の言語が公用語となっているため多民族国家となっているため、

今後は人口が加していくと予想され、それに伴い不動産価格も上昇すると言われています。

土地の所有も持てるマレーシアでは不動開発が進んでおり、クアラルンプール周辺ではコンドミニアムの建設ラッシュがいています。

名としては、KLセントラル駅やツインタワー周辺が特に人エリアとなっています。

注意する点としては、最低購入格が設けられていることがげられます。

外国人の場合、不動の最低購入格が100万リンギットとなっており、

これは2017年の日本円に換算すると約2700万円ほどになります。したがって資本がないと投資できない仕組みになっているのです。

ただ、この点に関しては住宅ローンさえ組めば問題ありません。

マレーシアでは外国人であっても住宅ローンを組むことができるので心配はいりません。

住宅ローンに関して言えば、10年間の在が許可されるMM2Hビザを持っているとスムーズにいきますので、できればMM2Hビザを取得するのが望ましいと言えます。

マレーシアの制には特があります。

不動賃貸を目的として購入する場合はインカムゲインが見込まれますが、居住者と非居住者の間で課される率が異なります。

居住者の場合は、26%以下の累進課制度となりますが、非居住者の場合は一律で26%金が課されます。

つまりマレーシアに居住する人が有利な制となっているのです。

よってマレーシアに移住して住む人は、特に不動投資するメリットを受けられます。

さらに不動の売却益を目的とするキャピタルゲインにしては、物件取得後5年未なら30%5年以上なら5%が課されます。

つまり、不動5年以上保有すれば金が安くむのです。

このような制を踏まえた上で、不動購入の略を練ることを強くオススメします。

日本では都会以外では不動産価格の上昇は見込めないので、海外で不動産を購入している人もたくさんいます。しかし日本と海外では然法律は異なりますので、トラブルも結構起こっていると言われています。

 日本では外国人が不動を購入するときには日本人と同じように取得することができます。

土地の取得もできますし、建物も取得することができます。

一方、海外ではそうしたことができない国もありますので、海外で日本人は不動の所有はある?のかという点について考えてみたいと思います。

海外で日本人は不動の所有は?

海外で日本人は不動産の所有権はある?

 まず裕福な日本人にとってあこがれはハワイです。ハワイは日本人がたくさん訪れていますので、別やコンドミニアムを所有するのがあこがれという人はたくさんいます。年に回訪れるだけという人はそれ以外の間旅行客に貸し出して益を出すこともできますし、ハワイの不動は上昇傾向がいていますので上手く売りけることもできます。そんなハワイの不動は日本人が土地を取得することもできますし、コンドミニアムを購入することもできます。これも日本人にハワイの不動に人がある理由だと思われます。

 そしてハワイと同じくマレーシアも土地の取得、コンドミニアムの取得が可能ですし住宅ローンを組むこともできます。

 そして次に人があるのが東南アジアです。例えばフィリピン。フィリピンはリタイアした人が移住する場所として結構人で多くの日本人が不動を購入しています。そんなフィリピンでは外国人が土地を購入することはできませんがコンドミニアムを購入するとことができます。また住宅ローンを組むこともできます。

 このフィリピンのような国は結構たくさんあります。シンガポールやタイ、カンボジアなどがフィリピンと同じくコンドミニアムの購入はできますが土地取得はできません。こうした東南アジアの国には日本企業もたくさん進出しており、日本人向けのお店もたくさんありますのでリタイアした人がたくさん移住しているようですが、物も安くて住みやすいといわれています。

 こうした国はコンドミニアムを外国人が購入するのは全くかまわないが、土地を取得されると安全保障上大抵抗があると言われていますので、このように土地取得を禁止しているのだと言われています。

 このほかにベトナムでは土地もコンドミニアムも取得できますが、住宅ローンは組めません。またインドネシアは土地取得もコンドミニアムの購入もできません。

日本では人口の都心への集中などによって空室問題が発生しています。そのため、国での不動投資も停味となっています。

一方で海外の不動投資の人は年々高まっています。投資先の国は先進国や発展途上国など々です。

ここでは、それぞれの不動投資の人国を比較するための情報をお伝えします。

不動産投資の人気国

不動産投資の人気国を比較して投資先を決める

まず先進国の人国としてアメリカがげられます。

カリフォルニアやニューヨークなど人口が密集している地域の不動投資は安定性もあり、非常に魅力的です。

円高の時期に購入できれば、将来為替の差益を得ることも可能でしょう。

ただしその分、金面での手きは多少面倒です。また入の一部をアメリカ国に置くなどの決まりもあります。

今ではハワイのオアフ島以外の島も人なので、投資先として討すると良いです。

もう一つ先進国で人になっている投資先はオーストラリアです。

広大な土地が広がるオーストラリアは自然豊かでセカンドハウスとして利用するために物件を取得する人も多いです。

ただし永住ビザが必要だったり投資家向けの物件に限定されていたりと、敷居は高くなっています。

さらにシンガポールも先進国とはいえますが、人口が過密態で物件は高めです。

お金持ちも多く空室リスクは少ないですが、ある程度大きな資本が必要となります。

また他の東南アジアと比較すると経済の伸びは小さいと予想されるため、キャピタルゲイン狙いには不向きとみなされることもあります。

また東南アジアで今注目を集めている投資国はマレーシアです。

首都であるクアラルンプールやジョバホールなどの地は既に物件ラッシュがいており、外国人投資家が押し寄せています。

マレーシアは今後も経済が発展していくことが予想されるため、制改正などがない限り大きなインカムゲインを期待できます。

そして日本人に馴染みが深いタイも人です。

バンコク付近のエリアは高層ビルが立ち並び、既に開発がんでしまった感はありますが、

北部のチェンマイなどの地はこれから人口もえていくと予測されます。

タイをよく訪れる人は物件を見て回ると良いでしょう。

東南アジアで積極的にリスクをとって投資するならベトナムです。

まだ未知のところが多いですが、土地付きで住宅の購入ができます。

ある程度ベトナムに詳しくないと目利きが難しいかもしれませんが、

まだ注目している投資家が少ないため格安で物件を取得できる可能性が非常に高いです。

こだわりのバックを選ぶ

海外の不動へと投資をする場合には、まずは慎重に海外不動の利回り比較をする必要があるといえるでしょう。

いま、日本人だけではなく、世界中の不動投資家からも注目されているというエリアが、東南アジアやアメリカなどの国です。

世界の不動産投資事情

海外不動産の利回り比較

東南アジアは、経済成長が著しく、また日本とは違い、若年層が加していると言うことから、働き手が多く居ます。人口も著にけており、富裕層と呼ばれるような層もえてきており割合的にも非常に多いです。

こういった面から、高い海外不動の利回りが期待できるのが、東南アジア諸国であるといえるでしょう。

たとえば、フィリピンやカンボジアなどは、政情不安などの問題があり、不動投資を行うためには、さまざまなリスクがあるとされてきて、今までは、あまり投資先として選ばれることはありませんでした。

しかし、最近では、こういった政情不安も落ち着きを取りしているといえるでしょう。

さらには、これらの諸国に関しては、経済的には未開の部分も非常に多いので、成長性が見込まれているといえるでしょう。今後不動産価格の高騰が予測されており、利回りの成長が見込まれています。

さらに、以前から注目されているシンガポールですが、こちらのシンガポールは経済的にも安定しており、さらに政情不安もありません。

このため、リスクが低いため、投資家からは以前から注目されています。

しかし、リスクが低い分、リターンもそれほど大きくないという特があります。

また、アメリカも同じく、経済的に安定しているため、リスクがそれほどありません。その分リターンが少ないというデメリットがあります。

しかし、目の前の利回りだけを見込むのではなく、長期的な目線を持って不動投資を行う必要があります。

堅実な不動投資をしたいのであれば、これらのシンガポールやアメリカ、さらに利回りやこれからの高騰を見込むのであれば、カンボジアなどの東南アジア諸国がおすすめです。

たとえば、フィリピンなどのエリアは、7%程度の利回りがあり、コンドミニアムの一部の物件では利回りが10%以上の物件もあります。このため、狙い目であるといえるでしょう。しかし、これらの東南アジア諸国は、土地を所有することが出ないという規制があるため、必然的にコンドミニアムを狙う必要があります。海外不動に投資をする場合には、このように土地を日本人が購入することが出るか、利回りなども比較をしながら、慎重に選びましょう。

おすすめの国の不動産

不動産投資を考えているという方も今の時代には多いと言えるでしょう。
日本国内で投資をするよりも、今は成長が見込める海外に投資をした方がリターンが大きい可能性も高いという風に予測されています。
そこで、海外不動産のおすすめの国とその理由をご紹介したいと思います。
その海外不動産のおすすめの国は、マレーシアです。その理由には、さまざまな理由があると言えるでしょう。

マレーシアの不動産

海外不動産のおすすめの国とその理由

マレーシアは、不動産投資物件として注目されているということはもちろんですが、さらには移住先としても人気が高まっている国であると言えるでしょう。
不動産市況を見てみても、まだまだ割安で購入することが出来ることから、不動産投資も無理なく行えるというのもメリットの一つです。
また、今後ともに、不動産価格の高騰が見込まれているのと同時に、今マレーシアは、経済成長が著しく、今後も経済発展が見込まれている国なのです。
特に、マレーシアでも首都のクアラルンプールは、高級コンドミアムの需要が高まっており、不動産の活況が見られます。
さらにシンガポールとの国境の、ジョホールバルは、シンガポールへの出稼ぎ労働者も増えていて、その経済的な利便性からも高級不動産物件が次々と建設されています。
こうした投資物件は、価値がある物件と見なされていて、外国人の投資家に非常に人気です。約8割程度の高級物件が、外国人に購入されているというデータもあります。

マレーシアの人口

さらに、マレーシアでは、2050年には、なんと総人口が約4300万人ほどに達すると予測されています。
人口減少が予測されている日本とは違い、マレーシアはその反対で、人口の増加が長期的に進んでいると言えるでしょう。
このため、安定して持続的に住宅の需要の拡大が見込まれていると言えるでしょう。
さらに、マレーシアの人口を、年齢別に比較しても、将来の経済成長の要である、若年層の比率が非常に高いというメリットがあります。
これは、東南アジアの他のいくつかの国にも当てはまる事例ですが、若年層の比率が高く、理想的なピラミッド型の人口の増加率であるといえるでしょう。
これらの若年層が、今後不動産の購入層となることから、マレーシアの不動産ニーズは、日本と比較しても、年々九族していくとみられています。

地震が少ない点がポイント

さらに、マレーシアは、災害や地震が少なく、建築コストもかからないため、建物の構造がシンプルで、かつ住宅費用が安く済み、不動産価格も割安であるというメリットもあります。
海外の不動産を持ち、将来的に仕事をリタイヤしたら外国で生活をしたいと夢見ている人もいるのではないでしょうか。
しかし日本とは不動産情勢が異なるため、海外の不動産購入には躊躇することも少なくありません。そこで今回は海外不動産のおすすめの国とその理由をまとめてご紹介したいと思います。
マレーシアは東南アジアに位置し、日本からは飛行機の直行便もあります。そのため日本からは約7時間程度で行くことが出来るのです。
海外に不動産を持っても、いざという時には日本に帰国することもあるでしょう。直行便がない、距離があるという場合には困ることもあるので、この直行便があることと距離感がおすすめの理由の一つです。

・日本人が多い

マレーシアはとても温暖な国です。そして上記の理由も加わり、日本人の住んでいる数が約2万人とも言われます。もちろん仕事で生活をしている人もいますが、実は年金をもらいながら、マレーシアでの生活を楽しんでいる人が多いのも確かなのです。
日本人が多いということは、日本人会も充実していますし、困った時に助けてくれる日本人向けのエージェントも多いのが特徴です。そのため何かあっても大丈夫と言う安心感が大きい国なのです。

・外国人向けの不動産エージェントが充実

物価の上昇などに伴い、マレーシアの不動産価格も上昇しています。また外国人が持つことの出来る不動産の最低価格も年々上昇しているので、金額の関係で以前ほど簡単には海外不動産を持つことが出来なくなりました。
しかし先ほど日本人の滞在者の数に比例して、日本人向けの不動産会社が多数存在するのです。そのためそれらのエージェントを利用すれば、多少費用は掛かっても、面倒な法律や手続きは不動産屋にお任せをして海外不動産を購入することが出来るのです。

・マレーシアのコンドミニアムは余っている!

マレーシアのクアラルンプールにはいろいろなコンドミニアムが立ち並んでいます。それはどんどん郊外にも広がりつつあります。たくさんのコンドミニアムがありますが、実際は、過剰な建設により空室が目立つところもあるのですね。
そんなコンドミニアムは、一旦購入したけれど、借り手がつかないという理由で手放そうとする人も少なくありません。そのためそのようなコンドミニアムを選ぶと、意外とお買い得価格で海外不動産を購入することが出来るのです。
以上、マレーシアの海外不動産のオススメ理由を挙げてみましたが、いかがだったでしょうか。是非参考にしていただけると嬉しいです。

専門知識を持つ会社か知る

マイホームを購入するときには、信頼できる業者選びが一番大事です。
一生のうちで一番大きく高額な買い物となる不動産を購入するのに、専門的な知識やノウハウがある業者さんの力を借りなければいけないシーンが何度もあるからです。

たとえば土地や家屋を購入するときには、当該土地や家屋に関する説明をその人から受けます。

そのときにわからないことなどを気兼ねなくきけるような業者なら、不安や気になることをすぐに聞けて、安心して不動産の購入をすることができます。

でも、なんとなく信頼できない業者や担当者の場合は、ちゃんと話を聞けずにあとで後悔するようになってしまっては大変です。

そのほかにも不動産の購入のときには自分である程度は勉強しておくことが重要です。

すべて業者任せでは失敗する

業者選びが重要

信頼できる業者に出会えたからといって、すべて丸投げではいけません。初心者なのでわからないことも多い不動産の購入ですが、だからこそ学ぶ姿勢や知る姿勢を持っていることで、より業者さんも真剣に向き合ってくれるものです。

またお互いに「思い込み」というものもあります。あとでトラブルになることも多いこの「思い込み」を減らすことにもなるので、ぜひ専門家任せにするのではなく、自分の出来る範囲で不動産購入の情報について調べて、勉強しておきましょう。

不動産の購入をノリや勢いで決める人はまずいないでしょうが、より慎重さが求められる機会なので、信頼できる業者を探し、自分でも情報収集を欠かさないことで、満足と納得のできる不動産購入ができます。

海外不動産は難易度が高い

特に、海外で不動産投資を行う考えでいる方はさらなる正確な情報が必要になります。

現地での日本人不動産購入の数はどれほどなのか、投資で購入をした場合利回りはどれ程になるのかなど。

もちろん投資目的で購入を考えている場合は、賃貸で購入金額の元を回収していくイメージになります。

賃貸での借り手は現地の外人をイメージしているのか、それとも現地に住んでいる日本人をイメージしているのかなど、貸し出す相手によって購入する条件や立地なども様々になってきます。

投資で海外不動産を購入した方の意見を聞くと、現地の方に貸し出す場合、部屋の痛みがひどい場合が多いです。

せっかく新築の物件を購入したのに、借り手に部屋をボロボロにされては困ります。

やはり、借り主は日本人を想定するのが良いでしょう。

日本人は部屋を綺麗に使ってくれるので、賃貸で貸し出し、経年経過をしても修繕費用は最低限で済ます事も可能です。

そのような事をしっかりと意識して海外投資を成功させましょう。