海外でリュックを推奨する理由について

海外でリュックを推奨する理由につきまして、強く推奨させて頂き内容は、スーツケースを持っていくのではなくて、なぜリュックが重宝されるのか?と言う点についてですが、スーツケースでは、すぐに、取られてキャリーで移動がしやすいので、防犯対策にならないと言う点であります。

リュックであれば、一人が無理やり奪おうとしても、両手を通しておりますので、そう簡単にリュックをはぎ取ることができないと言うのが一つの理由です。まずは、防犯対策として、両手が空いてますので、暴漢に襲われた場合や、泥棒にリュックをふいに掴まれた場合でも、両手が空いておりますので、簡単に撃退しやすいことが一つ挙げられます。

防犯対策だけではなく、両手がふさがっておりませんので、観光をめいっぱい楽しむことができます。トートバックや、メッセンジャーバックであれば、十分にお土産を収納することができずに両手が塞がってしまうと言う状況が発生します。

両手が塞がってしまうことによって、海外では、窃盗やスリが多いので一瞬のスキをついて、窃盗されてしまうと言うリスクを負うことになりかねませんので、そうならないためにも、やはりリュックを安心して背負うことを推奨させて頂きます。

 

手頃なサイズのリュックは機内に持ち込みやすいこと

海外でリュックを推奨する理由について

手頃なサイズのリュックにつきましては、機内に持ち込みやすいので、そこもリュックを選定する一つのメリットです。更に飛行機から降りる時にスーツケースであれば、片手が塞がってしまうのですが、リュックであれば、機内から出る際に両手が塞がっていない状態ですぐに出ることができます。

また、「疲れにくい!」と言うことも挙げられます。リュックは両腕を二本通してしっかりと背中で支えてますので、リュックであれば、歩いている時にでも疲れにくいと言う利点があります。そのような点から、海外での旅行には便利です。

 

リュックサック(バックパック)を選定する上で知っておきたいこと

海外でリュックを推奨する理由について

リュックサックを選定する上で知っておきたいこととしましては、リュックを選定する上でまず重視したい内容としては、リュックのサイズとなる容量です。

海外旅行で使用するリュックの用途としては、街歩き用や手荷物用のリュックと、メインの荷物を収納するリュックの主に二つに分けられます。街歩き用として、海外の街を散策したり、観光で使用するリュックとしては、デイリーユース用での小さ目のリュックを一般的には使用します。

メインの荷物を収入するリュックとしては、大きめのリュックを選ぶのが良いでしょう。目安としては、一泊用であれば、30L用のサイズを推奨します。2泊から3泊ですと、40Lの容量のモノを使用します。一週間程宿泊する場合については、50L程あると安心です。

 

バックパックで必要な複数の機能について

海外でリュックを推奨する理由について

バックパックで必要な複数の機能についてですが、まずは、「ポケットの数が多いこと」ポケットの数が多いことで、観光でちょっとした小さい物を購入した際に、すぐに収納することができます。

また、ポケットの数が多ければ多い程、荷物となる小物等の取り出しがすぐに可能となり利便性に優れます。雨具や虫よけスプレー、ガイドブックや辞書等の頻繁に使う物については、リュックでポケットが多く用意されている程、必要なものがすぐに取り出しやすいので、そのような観点からも重要です。

二つ目に、「バックパネルやショルダーハーネスがメッシュであること」これについては、やはり通気性の観点から、特に夏場について、汗でムレないようにするためにもメッシュの物を推奨させて頂きます。

「ウエストハーネスがついていること」によりまして、背中特に両肩への負担を腰等、背中にも分散させることができますので、肩を痛めることにならないためにも、是非、検討して頂きたい機能の一つとなります。

機内持ち込み可能なバックの選び方

飛行機を使って旅行に出かける時に、「バッグを機内に持ち込みたい」と思っている人も多いと思います。

機内に持ち込めば

・紛失する心配がない
・受け取り場で待たない
・破損リスクが少ない

などを避けることができるのでその気持ちも納得です。しかし、全てのバッグを持ち込みできるわけではありません。

バッグを機内持ち込みしたい場合は、以下のポイントを押さえてください。

●サイズを意識

まず第1に意識しなければならないのはバックのサイズです。飛行機の大きさ、航空会社のルールによって、持ち込めるバッグのサイズは決められています。

特に、格安航空会社の登場により、航空会社別のルールは細くなっているので注意です。事前確認をお忘れなく。

・100席以上
100席以上の飛行機に乗るときは、バックのサイズが、3辺合計115cm以内であることが前提になります。

大まかな目安は、

W55cm×H40cm×D25cm以内

です。なお、荷物の重さは30L前後までとなっています。

・100席以下
100席以下の飛行機に乗る場合は、バックの3辺合計が100cm以内までとされています。

W45cm×H35cm×D20cm以内

の計算式が目安です。荷物の重さは、20L前後までとなっています。

・バックの重量にも注意
バッグのサイズや荷物の重さ意外に、バックそのものの重量も重要です。

格安航空会社の場合は、7kgの重量制限があります。国際線は、10kg前後が目安です。

バックの重量や荷物の重量は、余裕を持たせてください。

●素材も意識しよう

機内持ち込み可能なバックの選び方
機内にバックを持ち込むときは、「バックの中に何を入れるのか?」に合わせて、素材を意識することも大切です。

主に、フレームハードタイプとソフトタイプに分かれます。

・フレームハードタイプ
パソコンを持ち込む人におすすめです。分厚く頑丈にできています。その一方、中は狭く作られているため、荷物はあまり入りません。

・ソフトタイプ
パソコンは持ち込まない場合は、ソフトタイプがおすすめです。伸縮するタイプもあるため容量が入るのもポイント。

軽量に作られており、重量制限が厳しい航空会社を利用する際にも向いています。

●持ち運びのしやすさも意識

せっかく機内にバッグを入れることができても、持ち運びしにくかったら邪魔になるだけです。

周りの乗客にも迷惑をかけてしまいますから、持ち運びの機能性も意識してください。

バックの形、キャスターの有無、開閉のしやすさなどを意識して、エコノミークラスでも余裕を持って持ち運びできるデザインを選びましょう。