使い勝手を考えよう

バック選びで特に気にすることは、素材と縫製と重さではないでしょうか。ビジネスに使うとなるとサイズも気になるところです。サイズで言えば最低限A4サイズが入るようなサイズが理想的です。ブランド品のバッグもありますが、革からこだわった自社制作のバッグを作って売っているショップもあり、革の良さを味わうにはとってもいいバッグが揃っているところもあります。

革の表情

一つ一つ手作りで作られている牛革のバッグは革に表情があって、バッグの面によって表情が違うものがあります。人工の革だったらそういうことはなく、均一の表面をしていますが、本革のバッグの場合には、その部分部分で革に表情があるのです。

それに本革のバッグは使い込んでいくうちに味が出てきて、その人の人生を物語るような感じで年季が入ってきてなんとも言えないくたり感が出て、とてもいい味が出てきます。

キャリアウーマン

キャリアウーマンなら仕事ができるように見えるようにするために、手にするバッグも質のいいものがいいです。

バック選び重さもとても大切です。いくらいいバッグでも重すぎては使っているうちに疲れてきてしまいます。本革のバッグでも軽量化されたものがあります。そのような軽いバッグが長く使えるバッグになります。仕事の時もオフの時もバッグの重さはきになるものです。中にいろいろなものを入れると自然と重くなってしまうので、せめてバッグは軽いほうがいいです。

そして、バッグの中にファスナー付きのポケットやスマホを入れるポケットなどがあるといいですね。それに外側にもファスナー付きのポケットがあるとすぐに使うものを入れたりするのに便利ですし、ファスナーがなくても外側にちょっと入れるポケットがあると非常に便利で使いやすいです。

バッグは肩にかけられるくらいのストラップがあると持ち運びに便利でいいです。セミショルダーやショルダーバッグは使い勝手が良く、持ち運びしやすいので、出番も多くなります。

本革のバッグは長く使って味が出そうなものを選ぶといいでしょう。買うときにはちょっと高くても、長く使うことを考えると案外安くつくものです。色も選ぶときには重要な点になります。バック選びでは無難なところでは黒が一番ですが、ちょっとアクセントをつけたかったら、色物もいいものです。キャメル色のバッグは品があってとてもかっこいいので、選ぶときには候補に入れていていいでしょう。バッグ選びのときには大きさと重さと色、そして、なんといっても素材です。